出産後に、親族や親しい友人から出産祝いをいただくことがあります。

 

出産祝いにお返しは必要なのでしょうか。また、「お返しはいらないよ」と言われたときや、連名で出産祝いをいただいたときは、どのように対処するのがよいのでしょうか。

 

特に悩みがちな、「友達から出産祝いをもらったとき」の対処方法をご紹介します。

 

 

 

出産祝いにお返しは必要?

 

 

出産祝いをいただいたら、お返しとして出産内祝いを贈るのが一般的です。

 

出産内祝いは、もともとは、新しい命が誕生したことを知らせて喜びを分かち合うために、親族や親しい人へ贈り物をすることを意味していました。

 

現在では、出産祝いをいただいたあとに出産内祝いを贈ることが多いため、「出産祝いのお返し」を「出産内祝い」と呼ぶことが多くなっています。

 

 

 

出産内祝いの相場や贈る時期は?

 

 

出産内祝いの相場は、いただいた品物の2分の1を目安にした「半返し」が基本とされています。

 

また出産内祝いは、産後1カ月ごろまで、もしくは出産祝いをいただいてから1カ月以内をめどに贈るのがよいでしょう。

 

友人に贈る出産内祝いとしては、「スイーツ」「洗剤やバスグッズなどの日用雑貨」「カタログギフト」などが人気のようです。

 

 

 

「お返しはいらない」と言われたら?

 

 

親しい友人から出産祝いをいただき、「お返しは気をつかわないで」と言われたら、どう対処するべきでしょうか。

 

基本的には、「お返しは不要」と言われても、半返しの内祝いを贈るのがおすすめです。

 

前述したとおり、出産内祝いはもともと慶事を親しい人にお知らせするためのもの。

 

子どもの名前を書いたカードや写真などを送り、「これからも家族ともどもよろしくお願いします」とあいさつをする機会でもあるので、出産内祝いを用意しておくほうがよいでしょう。

 

「不要と言ってくれたのに、お返しをするのは他人行儀に思われそう」という場合は、「タオルやハンカチなどの少額のプレゼントを贈る」「直接会ったときにちょっとしたお土産を手渡しする」など、相手が気をつかわないで済むようなプチギフトを渡すとスマートです。

 

ただし、同時期に妊娠しているなどの事情があり、「出産内祝いはお互いなしにしよう」と友人間で約束をしているような場合には、内祝いを贈らなくても問題はありません。

 

 

 

連名で出産祝いをいただいたら?

 

 

友人数名の連名で出産祝いをいただいたときも、基本的には半額をめどに内祝いを贈ります。

 

職場の友人など、まとめてお礼ができる場合は、菓子折りなど皆で分けられるような出産内祝いを贈ると喜ばれます。

 

個別に出産内祝いを贈る場合は、予算を人数で割って贈る品を決めます。

 

たとえば、10,000円の品を5人の連名でいただいたら、その半額の5,000円を5人で割り、1人あたり1,000円程度の出産内祝いを準備しましょう。

 

 

 

お返しの予算が少額になりそうなときは?

 

 

特に連名で出産祝いをいただいたときは、1人あたりのお返しの予算が少額になってしまうことがあります。

 

予算が少ないと、贈る品物が限られたり、送料が負担になったりすることも。

 

そんなときにおすすめなのが、お礼状にギフトカードを同封する方法です。

 

たとえば、アマゾンのギフトカードや図書カードはどの地域にお住まいの方でも使いやすいですし、コーヒー好きの方にはスターバックスカードもよいかもしれません。

 

コンビニエンスストアや書店などで使えるQUOカードも、実用的で好まれます。

 

ただし、贈り物に対し「似たようなもの」をお返しするのはマナー違反とされています。

 

出産祝いで金券や商品券をいただいている場合は、ギフトカードをお返しするのは避けましょう。

 

 

 

親しい友人同士なら直接お祝いの方法を相談するのもおすすめ

 

 

筆者が次女を産んだときは、ちょうど仲の良い友人たちの出産が続いていた時期でした。

 

全員が第2子、第3子の出産だったこともあり、出産時期が近い友人たちとは、「お互い内祝いはなしにしよう」と決めていました。

 

上の子がいるため、第1子の出産のとき以上に産後は忙しく、出産内祝いの贈り物をどうするか頭を悩ませずに済んだのは正直助かりました。

 

もちろん、無事に産まれたことはメールや電話で報告しあい、生活が落ち着いたころに、赤ちゃんを連れて皆でお祝いのランチもしました。

 

産後の慌ただしさの中で贈り物を選定するのは、人によっては負担に感じることもあります。

 

気が置けない間柄の友人であれば、ざっくばらんに「出産内祝いどうしようか?」と相談してみるのもよいかもしれませんね。

 

 

 

出産内祝いは産前にある程度めどをつけておくと安心!

 

 

長女を産んだときは、産後の体調が思わしくなく、1カ月ほどほぼ寝たきりで過ごしていました。

 

体調が悪い中、いただいた出産祝いのおおよその値段を調べたり、「半返し」に適した内祝いの品を探したりするのは、なかなか大変だったことをおぼえています。

 

筆者のように産後具合が悪くなったり、赤ちゃんのお世話で手一杯になってしまったりすることもあるので、産前に、金額ごとにいくつか内祝いの候補を選んでおくと安心ですよ。

 

友人への出産内祝いは、形式にこだわり過ぎる必要はありません。自分らしい言葉や方法で、感謝の気持ちを伝えられるとよいですね。