クリスマスが近づくと、街中や商業施設などで様々なイベントが開催されます。賑やかなイベントに出かけたり、外食したりするのも楽しいですが、小さな子供を持つご家庭にとっては、寒さや混雑が気になる時期でもありますよね。

 

そこで今回は、外出せずに家に居ながらクリスマスの雰囲気を存分に味わう事のできる、とっておきの楽しみ方をご紹介します。今年の冬は、家族や近所のお友達と一緒に「おうちクリスマス」でポカポカ過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

クリスマスとは?

 

 

クリスマスは毎年12月25日ですが、もともとはキリスト教の行事です。この日はイエス・キリストの誕生日である事から、キリスト教においては最も重要な祝日の一つです。

 

キリスト教でも宗派によってお祝いの仕方は様々ですが、家族で教会に行き、ミサに参加するというのが一般的な過ごし方です。また、ミサの後は自宅で家族団らんの時を過ごします。みんなで食事を囲み、プレゼントを交換し、送られてきたクリスマスカードを読むなど、ゆっくりと過ごすようです。

 

日本のクリスマスは祝日ではありませんが、クリスマスをお祝いする習慣は根強く、イルミネーションやクリスマスソングなどで街中が華やぎますよね。毎年クリスマス近くになると、スーパーやデパートでクリスマスケーキ商戦が繰り広げられるので、スイーツ好きにとってはたまらない季節でもあります。

 

 

 

 

 

クリスマスらしさを演出する超簡単なクリスマスレシピ

 

 

クリスマスディナーというと、鶏の丸焼きやポットパイなど手の込んだ料理を想像しがちです。しかし、子供がいるとなかなか本格的な料理をする時間が取れませんよね。せっかく作っても、食べてくれなかったらがっかり。そこで、作り方は超簡単でも、盛り付けにひと手間加えることによって、ぐんとクリスマスっぽくなるレシピを三種類ご紹介します。

 

 

 

 

パウンドケーキに生クリームで

即席デコレーションケーキ

 

出典:instagram(@wonderlanderkids)

 

手作りケーキを作りたくても、ふわっとしたスポンジを焼くのは至難の業。しかし、材料を混ぜ合わせて焼くだけのパウンドケーキなら簡単に作ることができますよね。土台はパウンドケーキでも、上に生クリームやフレッシュフルーツを乗せれば、美味しそうなデコレーションケーキ風になります。子供と一緒にデコレーションするのもまた楽しいですね。

 

 

 

 

見た目重視!

カラフルな可愛いリースサラダ

 

出典:instagram(@wonderlanderkids)

 

クリスマスリースをイメージしたグリーンサラダです。レタスをリース状になるように円形に盛り付け、上にサラダの具材をポンポンと乗せれば完成。こちらの写真では、スモークサーモンやトマト、サラダ用パスタなどを乗せていますが、茹で卵やグリルしたパプリカなどもカラフルで綺麗ですね。

 

 

 

 

ホットケーキミックスで

バームクーヘンが作れちゃう!?

 

出典:instagram(@wonderlanderkids)

 

自宅に卵焼き器がある方にぜひ試していただきたいのが、卵焼き器で作るバームクーヘン。生地はホットケーキのタネを水や牛乳で少し伸ばしたもので大丈夫です。ホットケーキミックスがあればさらに簡単ですね。しっかりと油をひいた卵焼き器で、卵焼きを作る要領で焼いていけばあっという間にバームクーヘンが完成。上に生クリームやフレッシュフルーツをデコレーションすれば、スペシャル感が増します。

 

 

 

 

 

アドベントカレンダーの楽しみ方・作り方

 

 

クリスマスを待ちわびる子供たちにおすすめなのはアドベントカレンダー。12月1日から25日までの25日間をカウントダウンするためのカレンダーです。毎日その日の窓を開けると、小さなお菓子やおもちゃが出てくるので、それだけでワクワクしますよね。最近では日本でもお菓子屋さんや輸入食品店などで販売されています。

 

市販のアドベントカレンダーがなかなか見つからない方は、自宅で手作りしてみては?とても簡単に出来るので、子供と一緒に作るとさらに楽しみが倍増しそうですね。

 

 

 

 

・薄い紙(茶紙や包装紙、チラシなど)

・マスキングテープ

・個包装のお菓子

・カラフルステッカー

・マジック

・パンチ

・ひも

・クリスマスツリーなど、お菓子をつるすもの

 

 

 

 

 

キャンディーやグミ、チョコレートなど個包装のお菓子は何種類か買っておき、全部で25個になるように数えておきます。一種類しかないと楽しみが半減するので、できれば何種類かあると良いですよ。

 

 

 

 

紙を小さめに切って合計30枚くらいになるように用意します。(予備も含めてこの枚数です。)筒状にすると個包装のお菓子が入る大きさが目安です。

 

 

 

 

(2)を筒状に丸め、マスキングテープで留めます。中にお菓子を詰めて、上下の口もマスキングテープで留めます。上下逆向きになるように留めると立体感が出て可愛いですよ。

 

 

 

 

カラフルステッカーにマジックで1~25の数字を書き、(3)に一つずつ貼っていきます。

 

 

 

 

パンチで穴をあけ、ひもを通し輪っかにして結びます。

 

 

 

 

クリスマスツリーなどに飾れば完成です。クリスマスツリーがない場合は、大き目のコルクボードに画鋲でつるしても良いですね。

 

毎日一つずつ開けて、プチおやつとして楽しみながらクリスマスを待ちましょう。

 

 

 

 

 

サンタさんに手紙を送ってみよう!

 

 

子供たちにとって、クリスマスの最大の楽しみはクリスマスプレゼント!サンタさんがプレゼントを持ってきてくれるのを待ちわびて、夜なかなか寝付けないという子もいるかもしれませんね。

 

そんなサンタさんが大好きな子供たちにぴったりのサービスがあります。なんと、各国のサンタさんへお手紙を送ることができるのです。子供が文字を書けるようになったら、ぜひ親子でチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

\ サンタさんから手紙が届く!? /

 

 

出典:フィンランドサンタ郵便局

 

フィンランドサンタ郵便局では、サンタさんからのクリスマスカードに申し込むと、クリスマス時期にサンタさんからクリスマスカードが送られてくるサービスがあります。その時、カードに同封されている返信はがきを使って、サンタさんへ手紙を書いたら、翌夏にサマーカードが届くというオプションも!サンタさんと手紙のやり取りをしているようでワクワクしますね。

 

>> フィンランドから届くサンタさんの手紙。詳しくはこちら

 

 

 

 

 

フィンランドサンタ郵便局のようなしっかりとした申し込みをしなくても、サンタさんの住所に自由に手紙を書くと、返事を送ってくれる事があります。ヨーロッパなどでも同様のサービスはありますが、特におすすめなのがカナダのサンタ。返信率が高いと人気です。

 

カナダのサンタの住所は以下の通り。エアメールで送りましょう。今年の締切日はまだ発表されていませんが、例年12月上旬に締め切られるようです。日本から送る場合は余裕を持って11月末までに投函しておくと安心ですね。

 

 

\ 宛先はこちら /

 

SANTA CLAUS    

NORTH POLE H0H 0H0

 CANADA       

 

 

 

 

クリスマスに親子で読みたい絵本おすすめ5選

 

 

「クリスマスって何?サンタさんはどんな人?」そんな子供たちの疑問に答えてくれる絵本や心温まる絵本がたくさんあります。

 

 

クリスマスのまえのばん

 

出典:amazon

 

作: クレメント・C・ムーア

絵: ウィリアム・W・デンスロウ

訳: 渡辺 茂男

出版社: 福音館書店

 

世界中で読み継がれているクリスマスの物語「クリスマスのまえのばん(The night before Christmas)」ですが、なんと原作となったクレメント・C・ムーアの詩が書かれたのは1822年の事だったそうです。静かで神秘的なクリスマスの物語にそっと耳をすませてみるのも良いですね。

 

 

 

クリスマスの三つのおくりもの

 

出典:amazon

 

作・絵: 林 明子

出版社: 福音館書店

 

幼児向けのベストセラー「おつきさまこんばんは」の作家、林明子さんによるクリスマス絵本。クリスマスって何か特別なことが起こる予感がしませんか?三人の子供たちがそれぞれ体験するちょっぴり不思議なクリスマスの物語です。

 

 

ぐりとぐらのおきゃくさま

 

出典:amazon

 

作: 中川 李枝子

絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店

 

大人気「ぐりとぐら」シリーズのクリスマス向け絵本。野ねずみのぐりとぐらが見つけたのは大きな足跡。その足跡をたどって行くと、なんと自分達の家に着いてしまい…ページを一枚一枚めくるたびにドキドキハラハラ。最後はほっこりするストーリーに大人も子供も大満足の一冊です。

 

 

賢者のおくりもの

 

出典:amazon

 

原作: オー・ヘンリー

文・絵: いもと ようこ

出版社: 金の星社

 

相手を思いやる気持ちが切ないストーリーにたっぷりと込められたクリスマスの名作。小さな子供には少し難しいかもしれませんが、少しずつ読み聞かせてあげたい一冊です。いもとようこさんのソフトなタッチの絵も温かみがあってクリスマスにぴったりです。

 

 

まどから おくりもの

 

出典:amazon

 

作・絵: 五味 太郎

出版社: 偕成社

 

おっちょこちょいのサンタさん、一生懸命プレゼントを配りますが、どうも空回りしているよう…ユーモアたっぷりのしかけ絵本なので、親子でたくさん笑えそうです。

 

 

 

 

まとめ

 

料理や工作、手紙や絵本など、クリスマスには家の中で楽しむ方法がたくさんあります。毎日少しずつクリスマスの準備をすると、子供たちの気持ちも盛り上がりそうですよね。ポカポカな自宅で気軽に楽しむことができる「おうちクリスマス」、子供のいるご家庭には特におすすめです。