沐浴の時期が終わって、赤ちゃんと入るお風呂タイムは何にも変えられない、かけがえのない時間ですよね。

 

でも、入浴剤やボディーソープなど使うものには気をつかいますよね。しかし、さら湯に赤ちゃんを入れるのも心配という方も多いのではないでしょうか。今回は、赤ちゃんの入浴剤について気になることをとことん調べました。

 

 

 

生後3ヶ月を過ぎてからが一般的


 

赤ちゃんは肌のバリア機能が弱いので、一般的な入浴剤では刺激が強く、使用するものはしっかり選ぶ必要があります。

 

先輩ママさんにアンケートを取ったところ、入浴剤の使用は早い方は2ヵ月頃から始めているようです。

 

大手入浴剤商品を開発してるメーカーのサイトを見てみるとバスクリンさんが満3ヶ月を過ぎてから、ソフレさんも満3ヶ月を過ぎてから、バブさんはご家族と一緒に入浴できる頃になればなればというニュアンスです。赤ちゃんのお肌が安定してくる3ヶ月くらいが目安といったところでしょうか。心配であれば小児科や皮膚科や病院で確認してみてください。

 

 

大人用の入浴剤は控えよう


 

赤ちゃんが生後3ヵ月になったからといって、いきなり大人と同じような入浴剤では刺激が強いといえます。入浴剤に含まれる成分の刺激で肌トラブルを起こしてしまっては赤ちゃんが可哀想ですよね。

 

大人用を使用することに抵抗がある場合は、赤ちゃんでも使える刺激が弱い入浴剤を選ぶと良いでしょう。

 

 

 

 

赤ちゃんの入浴剤の選び方とは?

 

 

低刺激なもの


 

赤ちゃんの肌は生後3ヶ月頃から安定すると言われていますが、大人に比べると皮膚が未熟でデリケートです。大人用のものは、清涼感を出すため、発汗作用を促すため、香料の強いものなど、子供にとっては刺激が強いものが多く販売されています。赤ちゃんとのお風呂は低刺激な入浴剤を選びましょう。

 

 

塩素除去できるもの


 

お風呂のお湯には必ず水道水の塩素が入っています。この塩素対策は忘れがちですが、肌の弱い赤ちゃんや敏感肌、アトピー肌には刺激になり、肌トラブルを引き起こす原因といわれ、とても重要です。

 

その対策のひとつとして、塩素を除去する働きのある入浴剤を入れるのが手軽です。塩素除去できる入浴剤として売られているものや、ビタミンCなどを含んだ入浴剤を選ぶと良いでしょう。

 

 

できるだけ無香料・無着色


 

多くの入浴剤が香料を使用しているため強い香りには要注意です。大人にとって心地よい香りでも、赤ちゃんにとっては不快かも。なるべく無香料のものを使用すると良いでしょう。

 

着色料も人によっては刺激となってしまい、かゆみや赤みが出たりします。あえて色や香りをつけること大人にとって精神的には安らぎますが、皮膚への負担が大きいので、赤ちゃんには控えると良いでしょう。

 

 

我が子の大切なお肌を守るためにも成分をきちんと確認し、無添加・オーガニックなど、使うものには拘ってあげましょう。

 

また、ベビー石けん(赤ちゃん用の石けん)を使う場合はなるべく低刺激で弱酸性のものを選ぶと良いでしょう。お風呂上がりは乾燥しやすく湿疹などの原因になることも。スキンケアも忘れずに!

 

 

 

 

 

赤ちゃん用入浴剤おすすめ人気ランキング

 

 

 

 

添加物ゼロで新生児から使える

Baby tab(ベビタブ)

 

出典:Baby tab

 

無添加・無香料・無着色

 

新生児の沐浴期から使える「Baby Tab(ベビタブ)」は、着色料・香料・パラベン(防腐剤)・アルコール・界面活性剤、これら全ての添加物が一切入っていません。成分は、重曹とクエン酸とビタミンCのみというシンプルさなので、肌質を問わずに使えます。

 

 

ビタミンC配合で塩素除去もできる

 

赤ちゃんを化学成分から守ることをコンセプトに作られた入浴剤なので超優秀。ビタミンCと水素イオンのチカラで残留塩素も瞬間除去してくれます。

 

 

石けんなしで汚れが落ちる

 

ママ1人でお風呂に入れなくてはならない時の赤ちゃんとのバスタイムはとっても大変。この入浴剤の助かるところは、石けんやベビーソープ、シャンプーを使わなくても、お湯に浸かるだけで汚れが落ちること。メカニズムは、シュワシュワ泡の重炭酸イオンのおかげで、毛穴や毛根の汚れや匂いも取ってくれるのです。また、本来持つ肌バリアも守り、肌が潤います。上がり湯が不要なところもママに嬉しいポイントです。

 

 

大人も使えるから余らない

 

また沐浴剤としてだけではなく、大人用入浴剤として使えるため、余ることがありません。ベビーバスに入れる場合は1錠、バスタブの場合は3錠を使用します。たっぷりの炭酸が入った炭酸入浴剤なのが大人も嬉しいポイント。しかも追い焚きも可能、24時間炭酸も持続します!

 

 

病院やクリニックでも取り扱っていて安心

 

ベビタブは現在、公式サイトAmazonで販売されています。病院やクリニックでも取り扱われ、肌の弱い子やアトピー肌の子にお勧めされているので安心です。

 

 

 

バスミルクの王道!

アトピタ

 

出典:楽天

 

無香料・天然色素使用・防腐剤無添加

 

アトピタ薬用入浴剤は、無香料・天然色素使用・防腐剤無添加で赤ちゃんの肌に優しく使えます。

 

肌荒れ防止成分配合

 

有効成分に天然成分のヨモギエキスの働きで乾燥肌に潤いを与えてくれます。大手メーカーが好きな方へおすすめ。

 

 

潤い成分を重視!

医薬部外品キュレル

 

出典:楽天

 

弱酸性・無香料・無着色

 

キュレル入浴剤は弱酸性・無香料・無着色で、赤ちゃんのデリケートな肌でも使えます。

 

潤い成分配合

 

スキンケア効果があるので、赤ちゃんはもちろん、乾燥肌のママやパパにもおすすめです。

 

 

 

お湯の性質が変わる!

バスウォーター

 

出典:OrBS

 

お湯の性質を変え、塩素などの強い刺激から守る

 

バスタブのお湯に少量加えるだけでお湯の性質を変えてしまう浴用化粧料。微粒子化された「水の器」が、塩素などの強い刺激からお肌を優しく守ってくれるバスウォーターです。

 

赤ちゃんやアレルギー・敏感肌の方も

 

赤ちゃんの肌は皮膚自体が薄かったり、バリア層が薄かったり、皮脂量が不安定・汗をかきやすいので、お湯の肌触りを高めます。

 

お風呂の温度が高いと水分が蒸発してしまいます。赤ちゃんは体が小さいので温まりが早く「のぼせ」の症状には気をつけましょう。

 

 

 

 

 

赤ちゃん・子供にも安心の無添加入浴剤って何?

 

 

最近は、無添加・オーガニックとうたう入浴剤や化粧品、洗浄剤などが増えていますが、本当の意味を知っていますか?あなたが無添加だと思って使っていたものは、実はあなたが思う無添加ではないかもしれません。ここでは、赤ちゃんや子供の肌を守るために知ってほしいことを解説していきます。

 

 

あいまいな無添加表記に気をつけて


 

無添加とは、本来「ある添加物が使われていない」という意味。ママたちは無添加と聞くと、添加物が一切排除されたもの!と思ってしまいますが、決して無添加とは全ての添加物が入っていないという意味ではありません。

 

つまり添加物が一種類入っていないだけでも無添加ということができるのです。また、添加物を使わない代わりに、他の原料成分の濃度を高めに配合する必要があるので一概に「無添加だから安全」と思うのは注意が必要です。

 

明確なルールがない無添加の基準を一般的な私達が把握するのは難しいと思います。自分には合わない成分や添加物が配合されているなんてこともあるので、あいまいな無添加という言葉に注意して、配合成分を確認してみましょう。敏感肌や赤ちゃんの肌が気になる方は試しながら使うのが良いですね。

 

 

危険な添加物の入っている入浴剤に注意


 

入浴剤に含まれる添加物は、香料・着色料・防腐剤・パラベン・アルコール・酸化防止剤・合成界面活性剤などが考えられますが、これらは肌への強い刺激を与えたり、人体に悪影響を与える可能性があるので注意が必要です。

合成成分の含まれない、無添加入浴剤を選びましょう。市販で売られている入浴剤は、いずれかの添加物を含んでいるものが多いようなので、こだわり入浴剤は通販がお勧めです。

 

 

 

オーガニックって安心なの?


 

オーガニックとは、有機栽培農法のことを言います。化学肥料(農薬)を使わずに野菜や果物を作る農法(遺伝子組み換えもしない)化学肥料を使わずに自然のものだけで作物を育てることです。

日本では、オーガニックは「有機JAS法」によって法的に規格が定められていますが、「オーガニックだから肌にやさしい」は勘違いかもしれません。肌の敏感な人や赤ちゃんや子供は、植物成分の刺激で肌荒れを起こすこともあります。

 

 

肌の刺激になる水道水の「塩素」も要注意


 

飲み水は浄水器やミネラルウォーターなどで対策し、みなさん気にされていますがお風呂のお湯のことは気にしていない方がほとんどですよね。私たちが普段口にしたりお風呂に使う「水道水」の塩素を残留塩素といいます。殺菌効力のある塩素系薬剤を有効塩素といい、殺菌や分解してもなお水中に残留している有効塩素を残留塩素といいます。

意外なことかもしれませんが、赤ちゃんをお風呂に入れる時は一番風呂はオススメできません!なぜなら、大人の半分ぐらいの肌の薄さの赤ちゃんにとっては、肌へ刺激になる可能性があるからです。

 

 

 

 

 

 

【医師監修】乾燥肌対策は石鹸で洗わないこと

 

 

 

山下先生: ドライスキン(乾燥肌)です。

 

言い出したらキリがないですが、湿疹や水いぼ、自家感作性皮膚炎(局所の湿疹や熱症が痒くて掻いているうちに、うつして全身に広がってしまうこと)など種類はたくさんあります。

アトピー性皮膚炎は少しカテゴリーが違うのですが、ずっとなるものと時々できるものは異なります。ただ、どちらもドライスキンが深く関係しています。

 

 

 

 

山下先生: ママさんには「石鹸をつけて洗わないように」と言っています。ドライスキン(乾燥肌)の大前提として、洗いすぎるからいけないんです。

 

肌がザラザラしてくるのをつい落とそうとしてしまうんですね。しかもベビータイプの石鹸ではなく、大人のものを使って洗う人が多いんです。さらにシャンプーまで使ったりするので、本来あるべき潤い成分まで全部落ちすぎてしまうの。特に、界面活性剤は一番よくありません。

理想的なのは、汚れや匂いが気になるところ(脇の下、脚の裏、手のひら、お尻まわり)だけを洗って、後はサーっと流すくらいで、洗う必要はないんですよ。

 

 

山下先生: 一番は「日焼けをしないこと」と「保湿」。

冬場どうしても乾燥している子には、たっぷりと保湿剤を出します。今はどこでも売っているので、市販のものでも良いんですよ。それと、やっぱり今のお母さんたちはゴシゴシ洗いすぎてしまうから、かぶれている子が多いし、とにかくガサガサしているんです。本当にガサガサ肌が多い。ママさんには「洗い過ぎないこと」も気にかけてほしいですね。

 

 

>> 2017年12月インタビュー 全文はこちら

 

 

 

 

赤ちゃんがお風呂を嫌がるのは何で?

 

 

赤ちゃんも大人も同様、健康入浴のポイントは熱いお湯ではなく40℃以下のぬるめのお湯がおすすめです。

 

大人がちょうど良いと思う温度では、赤ちゃんや子供には熱すぎるので「少しぬるいかな?」と思う温度がオススメです。

 

「お風呂は熱いもの!」と我慢して入る、というのが昔の常識だったように思います。そもそも現代のように「正しい入浴法」なんて概念はありませんでした。ここ数年で「ヒートショック」という言葉を耳にするようになり、冬場に外と浴室内の急激な温度差によって事故が多発しました。お風呂の温度だけではなく、浴室内の快適さに目を向ける住宅メーカーさんも増えましたよね。

 

 

お湯の温度が熱すぎる

 

お母さんのお腹の中の温度は37度。赤ちゃんは元々体温が高いため、熱いお風呂を嫌がるものです。

 

赤ちゃんが(子供)が泣き止まなかったり、お風呂をイヤイヤするのは、お湯が怖いのではなく、お湯の温度が原因かもしれません。ママの感覚ではなく必ず温度計で測るようにしてください。

そして赤ちゃんと一緒にお風呂に入るときは、赤ちゃんに声をかけながら優しくスキンシップを取ってあげましょう。

また、お風呂上がりはまずベビーローションで水分を補い、その後にクリームやワセリン、オイル等ので保湿ケアをしてあげましょう。

 

 

入浴剤の香料が強すぎる

 

赤ちゃんは大人に比べて、とても敏感です。大人にとって心地よい入浴剤も、赤ちゃんにとっては不快に感じることも。

 

余談ですが、ワンちゃんやネコちゃんがシャンプーを嫌がるのは、人間の何倍も嗅覚がすぐれているため「香料」が原因という説があります。赤ちゃんと同じように言葉を話せない分、泣いたり嫌がったりするのにはワケがあるということです。

 

温度や成分・香料など、使うモノに原因があるのかもしれませんね。

 

 

 

赤ちゃんにシャワーはNG!?

 

 

赤ちゃんが成長し、だんだん動きが激しくなってくると、予想もしない動作にママもあたふたしてしまうのではないでしょうか?

 

顔を左右前後に動かす、手をぶんぶんふりまわす、お湯が目や鼻にはいらないか心配になりますよね。

 

私の産婦人科の助産師さんは、「数日(数ヶ月)前までママのお腹(羊水)の中にいたんだから、お顔にお湯がかかったり、耳にお湯が掛かっても大丈夫よ!ビクビクしてると赤ちゃんに伝わるから気楽にやりなさい!」と教えてくれました。

 

とはいえ赤ちゃんは自分から息を止めたり、吸ったり、タイミングを取ることが出来ないと思うので、シャワーを顔や頭に掛けるのはやめましょう。

 

赤ちゃんのお顔を洗うときはガーゼにお湯をくぐらせて軽くぬぐう。赤ちゃんの体も泡やゴシゴシは必要ありません。

 

肌の弱い子が多い現代、やはり添加物が入っている入浴剤はおすすめできません。敏感な子は水道の中に入っている塩素にも反応するようです。この期間、抵抗力が付く間だけでも良い入浴剤(沐浴剤)を選んであげましょう。

 

 

 

温泉ソムリエに聞く!赤ちゃんと一緒に温泉はいつから?

 

 

温泉はオムツが取れてから!と言われたりしますが、温泉地の温泉施設ご近所さんは、日常に温泉があり、体が温泉成分に慣れていますし、親子連れをよく見かけます。それだけ地域に温泉施設が馴染み理解があるのでしょう。

 

赤ちゃんと一緒に温泉というのは、成分より『マナー』の心配の方が強いかもしれませんね。協力し合える方と一緒に、必ず温泉施設への確認をしてからお出かけください。

 

温泉成分としては、湯あたりになりやすい泉質「硫黄泉」「酸性泉」「放射能泉」は避けた方が良いと思います。「単純温泉」は湯あたりがしにくいので、「単純温泉」を選びましょう。単純温泉とは適応成分が一定量に達していないのですが肌への刺激は優しいです。

 

他に温度が高いのはNG!もちろん長湯もNGです。下が滑る、寒暖が激しい露天などももちろん避けましょう。

 

帝王切開などの後、傷が落ち着いた後は、「切り傷」に適応症がある温泉は傷の治りを早めるので、温泉は、妊娠前と出産後落ち着いてから有効利用するというのもいいですよ。

 

 

 

まとめ

 

新米パパ・ママにとってドキドキの毎日が続くと思います。パパやママも子供の頃は同じように心配をされていたのだと思います。赤ちゃんの体質によってカサカサしたりぶつぶつ出来たり。それはもう様々です。

色々な経験をして赤ちゃんと一緒に成長していきましょう。お風呂に一緒にはいるこの貴重な時間を大切にしていきましょう。

 

 
 

ベビタブ公式サイト

赤ちゃんのカサカサ肌、かゆみ肌をなんとかしたいときは、無添加・無着色・無香料の入浴剤で。