多くのパパ・ママが購入を迷うベビーグッズの中に、「ベビー布団」があります。

 

使用できる期間が短いことや、「添い寝ばかりであまり使わなかった」という意見があることも理由として挙げられるでしょう。

 

そこで今回は、ベビー布団は必要なのかどうか、ベビー布団を選ぶときのポイント、代用品などについて解説します。

 

 

ベビー布団は必要?

 

 

そもそも、ベビー布団は必要なのでしょうか。

 

大人用の布団に赤ちゃんを寝かせられないわけではありません。ただ、大人用の布団は、赤ちゃんにとってはやわらかすぎたり、重すぎたりして、赤ちゃんの口や鼻をふさいでしまう可能性があります。

 

布団が大きいと、こまめに洗うのが難しく、清潔を維持するのに手間がかかるという問題もあります。

 

また、赤ちゃんと一緒の布団だと、赤ちゃんが気になってゆっくり眠れないというパパ・ママも多いようです。

 

全てのご家庭で必要なアイテムではありませんが、「赤ちゃんを安心して寝かせられる環境を整えたい」「お昼寝のときや外出時にも使いたい」といった希望がある場合は、専用のベビー布団を用意しておくとよいでしょう。

 

 

 

ベビー布団の選び方

 

 

ベビー布団を選ぶときは、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。

 

敷布団は適度な固さのあるものを選ぶ

 

赤ちゃんの呼吸や成長を妨げないように、敷布団は赤ちゃんの体重で沈み込まない、適度な固さのあるタイプを選びましょう。

 

 

ベッドパットを活用する

 

赤ちゃんは汗をかきやすく、季節によってはシーツがすぐに汚れてしまいます。敷布団のサイズに合ったベッドパッドを活用するか、バスタオルを敷いてから寝かせると、洗濯がしやすくなるのでおすすめです。

 

 

掛け布団は季節によって調整する

 

掛け布団は、軽くて通気性のよいものを選びましょう。

 

季節に応じて、次のような組み合わせを用意しておくと便利ですよ。

 

【春・秋】バスタオル+毛布(薄手の掛け布団)

【夏】スポーツタオル、またはガーゼケット

【冬】バスタオル+毛布(薄手の掛け布団)+布団

 

 

枕はなくても大丈夫

 

枕は絶対に必要なものではありません。

 

頭の形を整えるというドーナツ枕は、首の動きを固定してしまうため、赤ちゃんに負担になってしまうことも。

 

吐き戻し防止のための傾斜クッションも、結局赤ちゃんがクッションからずり落ちてしまい、役に立たないことも多いものです。

 

そのため、基本的には枕はなくても問題ありません。頭の寝汗が気になるのであれば、頭の下にバスタオルを敷いてあげるだけで大丈夫です。

 

 

丸洗いできるタイプが便利

 

赤ちゃんは想像以上に布団を汚します。

 

汗やミルクの吐き戻し、おもらしなどで、シーツやカバーを何度も取りかえなければいけません。

 

そのため、敷布団も掛け布団も、清潔に保ちやすい家庭用洗濯機で丸洗いできるタイプがおすすめです。

 

 

 布団のサイズは各家庭の事情にあったものを

 

ベビー布団には新生児~1歳用、3~4歳ごろまで使えるものなど、さまざまなサイズがあります。

 

ベビーベッドは使うのか、ベビー布団をどこに敷くのか、何歳ごろまで布団を使う予定なのか、といった事情に配慮しながら、サイズを選びましょう。

 

保育園で昼寝用布団として使う予定がある場合は、保育園規定のサイズもあらかじめ確認しておくとよいかもしれませんね。

 

 

 

添い寝用ベビーベッドやベッドインベッドなど便利なアイテムも!

 

 

一般的なベビー布団以外にも、赤ちゃんの快適な「ねんね環境」を整える便利なアイテムが売られています。

 

添い寝用ベビーベッドは、片側の柵を下ろし、大人用のベッドの隣に固定できるものです。

 

床ではなくベッドで寝たいという方や、大人用のベッドに赤ちゃんを一緒に寝かせるのは心配という方にぴったりです。

 

また、クッションで赤ちゃんとパパ・ママのスペースを区切ることができる、ベッドインベッドというアイテムもあります。

 

軽いため部屋の中での移動もしやすく、旅行や帰省などのときに持ち運ぶこともできます。

 

ライフスタイルに適したアイテムを取り入れると、赤ちゃんもパパ・ママも休みやすくなりますよ。

 

 

 

筆者は大人用の敷布団+ベビー用掛け布団にしました

 

筆者の場合、ベビー用の敷布団は購入せず、自宅で余っていた大人用の敷布団を活用しました。

 

余っていた敷布団が固めのタイプだったことや、子どもたちが夏生まれで、肌かけはバスタオルやガーゼのおくるみで代用できたこともあり、赤ちゃんが生まれたときは、ベビー布団を買う必要性を感じなかったのです。

 

敷布団の上にバスタオルを数枚重ねて、汚れたらすぐ取り替えられるようにしていました。

 

ただ、大人用の掛け布団は赤ちゃんには大きく、重すぎると感じたので、寒い季節になってから、ベビー用の掛け布団だけ購入しました。

 

敷布団が汚れたときの洗濯が少し大変でしたが、ベビー用の掛け布団だけという最低限の出費で済んだので、コストパフォーマンスはよかったと感じています。

 

 

 

寝室の状況に合ったアイテムを活用しよう!

 

 

ベビー布団は、各ご家庭の寝室状況によって必要か否かが変わります。

 

あればもちろん便利ですが、他のもので代用ができないわけではありません。

 

手元にあるアイテムもうまく活用しながら、赤ちゃんも、そしてパパ・ママもゆっくり眠れるように、快適な「ねんね環境」を作ってあげてくださいね。