トップ> コラム> 子供に汗疹(あせも)ができたら?原因、治し方、予防法
子どものあせもの原因について
子どもはとっても汗っかき。夏の暑い時期はもちろん、寒い冬でも元気に走り回ったり
エアコンの効いた室内や電車の中にいたりするとたくさんの汗をかきますね。

 

体温調節のためにも大切な汗ですが、汗が冷えて風邪をひいたり、
あせも(汗疹)の原因になったりするのが困ります。

 

人の汗腺の数はだいたい3歳くらいには決定します。
まだ小さい子どもの顔や身体に大人と同じ数の汗腺があるため、
皮膚にある汗腺の密度が高くなるのです。
子どもが汗っかきなのも当然と言えますね。

 

汗は体温調節が大きな役割ですが、その仕組みは汗の水分が皮膚の上で
蒸発する際に気化熱を奪うことで体温を下げる、というものです。

 

成長期の子どもは代謝がとても良く体温も高い状態です。
特に頭部は汗腺が活性化しやすく、頭や顔から大量に汗をかいたりするのです。

 

さらに子どもの肌の特徴として、大人の肌に比べて薄く、未熟で皮膚トラブルが起こりやすい状態であると言えます。

 

肌の一番外側にあって外部の刺激からのバリア機能を担う角質層が大人よりも薄く、
刺激に弱いのです。さらに、皮膚を乾燥や刺激から守る働きのある「皮脂」を分泌する
皮脂腺も未熟で大人に比べて皮脂が少なく、子どもの肌は想像以上に乾燥しやすい状態
にあるため、あせもなどの肌トラブルが起きやすくなっています。

 

あせもができやすい部位や季節別ケア

 

 

子どものあせもは放置しておくと、かゆみが我慢できず掻き壊してしまったり、肌のバリア機能が低下することで別な感染症やアレルギーを引き起こす危険性が高まってしまいます。
そこで、子どものあせも対策について、できやすい部位とそれぞれの特徴、そして季節別に最適な対策方法を考えてみました。

 

<あせもができやすい部位>
頭、顔(おでこ)、首、うなじ、背中、胸、お尻、脚の付け根、ひじ・膝の内側

 

 
あせも対策の基本は、できる前に防ぐということ。
普段から最適な対策をしておけば、もしあせもができても悪化する前に対処することができるはずです。

 

<あせも予防のポイント>
・肌を清潔に保つ
・通気性の良い衣類を身につける
・エアコンを上手に使う

 

夏場は特に通気性と吸汗性のよい衣類を心がけましょう。
汗をかいたらこまめに拭き取ったり、着替えたりすることが大切です。
真夏や熱帯夜はエアコンを使うことも有効です。

 

春や秋は気温の変化が大きく、衣類や寝具の調節が難しい季節ですね。
基本的に子どもは大人よりも衣類も寝具も一枚少なくて良いそうです。

 

寒い冬場は風邪予防でついダウンや厚手のジャンパーなどで防寒してしまいがち。
分厚いアウターよりも薄手の衣類を重ね着することで温度調節をした方が良いでしょう。

 

特にあせもに注意が必要な子どもは、アトピー性皮膚炎を持っている子、
湿疹やじんましんが出やすい敏感肌の子、おむつが外れていない子です。

 

皮膚科に行くべき?それとも市販薬を使うべき?

 

 

 

昔はあせもにベビーパウダーを使っていました。
おばあちゃんの時代の話で、今のママやパパは使わないと思います。

 

ベビーパウダーは汗の水分を散らして摩擦を減らす効果はありますが、
汗の出口をふさいでしまうことで詰まらせてしまい、あせもの原因と
なる可能性があるため現在ではほとんど使われていません。

 

もしあせもができた場合、自宅で市販薬を使うか、
お医者さんに相談するか迷う場合は以下の目安を参考にしてください。
受信するのは小児科でも良いですが、できれば皮膚科医を受診することをおすすめします。

 

<あせも受診の目安>
・かゆみが強い
・掻き壊して傷ができている
・傷が化膿している
・とびひになっている

 

あせもの治療は塗り薬が基本です。病院では肌の炎症を抑えるためにステロイド軟こうが処方
されると思いますが、小さい子どもに強い薬であるステロイドを使うことに抵抗感を感じるママもいるのではないでしょうか。

 

確かに副作用もあるステロイドですが、正しく使えば短期間で効果的にあせもを治すことができます。
重要なのは決められた用法と用量をきちんと守ることで、塗布する回数や量を減らすことは厳禁です。

 

 

 

あせもは「予防」することが大切!

 

 

 

できれば子どもに強い薬を使いたくない・・・。
そんなママにできることは、とにかくあせもを予防すること。

 

予防のポイントでも上げたとおり、肌を清潔に保つことができれば、子どもの肌は健やかに保つことができます。

 

だからと言って汗をかくたびにお風呂に入ってゴシゴシ洗う、ということではありません。
逆に洗い過ぎは肌が自然に持っているバリア機能を剥がしてしまいます。

 

1日1回のバスタイムでボディソープや石鹸を使う場合も、子ども用の洗浄力の弱いタイプを用いることをおすすめします。
また、乾燥する冬場はもちろん、夏も保湿のためのローションや乳液を使って肌の乾燥を防ぐことも有効です。

 

▼参照▼赤ちゃんのあせも

 

文責:レイ



バックナンバー