トップ> コラム> 赤ちゃん・子供と使えるママも嬉しいおすすめ入浴法と入浴剤

赤ちゃん・子供と使えるママも嬉しいおすすめ入浴法と入浴剤

赤ちゃん・子供と使えるママも嬉しいおすすめ入浴法と入浴剤産後は体質が変わると沢山のママさんからお話を聞くのですが、むくみやボディラインの崩れが気になって自信が持てない……なんてお悩みを毎日の生活で解決できたらいいですよね。

 

ダイエットに取り組んでみてもいまいち効果がでないとしたら、基礎代謝が低下しているのが原因かもしれません。

 

 

◆代謝が低下を予防しよう!


私たちの身体は、体温や内臓の機能を保つためにエネルギーを消費しています。
これを「基礎代謝」と言います。

 

この基礎代謝が一年中で最も低くなるのが実は夏!です。
寒い冬は、体温を保つためにしっかりと体内で熱を生み出す必要がありますが、暑い夏は体内で熱を作らなくても体温が下がり過ぎてしまう心配はありません。
このため、どうしても消費されるエネルギーが少なくなりがちなのです。

 

基礎代謝が少ないということは、同じぐらい食べて同じぐらい運動していたとしても、冬より夏の方が太りやすいということ。
冬は冬で冷えて眠れない、冷えて体が凝ってしまう。そうなると血の巡りが悪くなって、基礎代謝も下がることになります。

 

 

◆身体を温め、血行を促すのが大切!


代謝が低下する一方で、エアコンや冷たいものを飲んだり食べたりすることによって冷えやすくなっています。
これはお子さんがいる家庭で気をつけたいところ。
ママだけでなく、子供たちまで体温調整がにぶくなりかねません。

冷えは血流を滞らせ、さらに代謝を低下させる原因にもなります。
身体の代謝を高めるには、身体を温めて血行を促進するのが効果的です。

 

これには適度な運動を行うのが最も良いのですが、運動が苦手だったり、なかなか時間が取れなかったりという方も多いのではないかと思います。
そこで、手軽に身体を温め血行促進する方法として、毎日の「入浴」を工夫することをおすすめします。

 

 

 

ママ必見!時間のあるときに代謝アップのオススメ入浴法とは

ふくらはぎマッサージの正しいやり方は?面倒でシャワーでサッと汗を流すだけで入浴を済ませてしまう方も少なくないと思います。
だけど、身体を温め代謝を高めるには、湯船にじっくりと浸かる入浴が大切なのです。
入浴の際には、以下のようなポイントを意識してみましょう!

 

①入浴前には軽いストレッチと水分補給


入浴前に軽くストレッチを行い、筋肉を柔らかくしておけば、入浴による代謝促進効果が高まります。
また、水分補給をしておくことで入浴中の発汗が促進されます。

温かい飲み物を飲んでから入浴するのが効果的ですが、常温の水などでも良いでしょう。

 

 

②入浴剤を使う


発汗・血行促進作用のある入浴剤を入れる。
発汗を促してくれるバスソルトや血行促進効果のある入浴剤などを入れたお湯で、たっぷりと汗をかきましょう。
身体本来の機能を高めることやデトックスに役立ちます。

 

 

③ママ・パパはぬるめのお湯に20分程度浸かる。


エアコンなどで冷えてしまった夏の身体を温めるには、38℃程度のぬるめのお湯に20分程度時間をかけてゆっくりと浸かるのが効果的です。
リラックス効果もあって血行が良くなります。

入浴中も水分補給ができるよう、ペットボトルの水などを用意して入浴するのがおすすめです。

 

 

④湯船の中でエクササイズやマッサージも◎


湯船の中で軽く足首の曲げ伸ばしなどのストレッチやエクササイズ、ふくらはぎや太もも、お腹などを軽くマッサージするのも代謝アップに効果的です。
のぼせてしまうような激しい運動は避けて、リラックスして心地よく感じる程度を目安にしましょう。

 

 

まとめ

 

入浴は毎日のこと。

この時間を利用して賢く代謝アップを目指しましょう。身体の疲れも取れるし、続けていくことで代謝が高まり太りにくい身体になっていくはずですよ。

 

おすすめはやっぱり38度ぐらいのぬるま湯で「赤ちゃん・子供と使える重炭酸入浴剤ベビタブ」を使った入浴です。赤ちゃんと大人が一緒に使える入浴剤は意外と多くはないですが、食品グレードの優しい成分を使用しているので安心。さらに、血流がよくなり免疫もアップするので健康面でも優れています。

 

毎日のことこそ目を向けて、丁寧に過ごしましょう。

 

 

▼赤ちゃんとママが一緒に使える入浴剤ならベビタブ

 

 

 

 

 

あなたにオススメの関連コラム

 



バックナンバー