トップ > コラム > 入浴方法とおすすめ入浴剤

痩身効果も? 代謝をアップさせるおすすめ入浴法と入浴剤

痩身効果も? 代謝をアップさせるオススメ入浴法

夏は水着をはじめ、肌の露出が多い恰好をする機会が増えますね。
だけど、むくみやボディラインの崩れが気になって自信が持てない……なんてお悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか。

それでダイエットに取り組んでみてもいまいち効果がでないとしたら、基礎代謝が低下しているのが原因かもしれません。




夏は代謝が低下する季節

私たちの身体は、体温や内臓の機能を保つためにエネルギーを消費しています。
これを「基礎代謝」と言います。

この基礎代謝が一年中で最も低くなるのが夏です。
寒い冬は、体温を保つためにしっかりと体内で熱を生み出す必要がありますが、暑い夏は体内で熱を作らなくても体温が下がり過ぎてしまう心配はありません。
このため、どうしても消費されるエネルギーが少なくなりがちなのです。

基礎代謝が少ないということは、同じぐらい食べて同じぐらい運動していたとしても、冬より夏の方が太りやすいということ。
夏こそ意識して代謝を高めていくことが大切なのです。


身体を温め、血行を促すのが大切!

夏の暑さで代謝が低下する一方で、エアコンや冷たいものを飲んだり食べたりすることによって冷えやすくなっています。

冷えは血流を滞らせ、さらに代謝を低下させる原因にもなります。
夏の身体の代謝を高めるには、身体を温めて血行を促進するのが効果的です。

これには適度な運動を行うのが最も良いのですが、運動が苦手だったり、なかなか時間が取れなかったりという方も多いのではないかと思います。
そこで、手軽に身体を温め血行促進する方法として、毎日の「入浴」を工夫することをおすすめします。




代謝アップにオススメな入浴法とは

ふくらはぎマッサージの正しいやり方は?

夏はシャワーでサッと汗を流すだけで入浴を済ませてしまう方も少なくないと思います。
だけど、身体を温め代謝を高めるには、夏こそ湯船にじっくりと浸かる入浴が大切なのです。
入浴の際には、以下のようなポイントを意識してみましょう!

・入浴前には軽いストレッチと水分補給を入浴前に軽くストレッチを行い、筋肉を柔らかくしておけば、入浴による代謝促進効果が高まります。
また、水分補給をしておくことで入浴中の発汗が促進されます。

温かい飲み物を飲んでから入浴するのが効果的ですが、常温の水などでも良いでしょう。

・発汗・血行促進作用のある入浴剤を入れる。
発汗を促してくれるバスソルトや血行促進効果のある入浴剤などを入れたお湯で、たっぷりと汗をかきましょう。
身体本来の機能を高めることやデトックスに役立ちます。

・ぬるめのお湯に20分程度浸かる。
エアコンなどで冷えてしまった夏の身体を温めるには、38℃程度のぬるめのお湯に20分程度時間をかけてゆっくりと浸かるのが効果的です。
リラックス効果もあって血行が良くなります。
入浴中も水分補給ができるよう、ペットボトルの水などを用意して入浴するのがおすすめです。

・湯船の中でエクササイズやマッサージも◎
湯船の中で軽く足首の曲げ伸ばしなどのストレッチやエクササイズ、ふくらはぎや太もも、お腹などを軽くマッサージするのも代謝アップに効果的です。
のぼせてしまうような激しい運動は避けて、リラックスして心地よく感じる程度を目安にしましょう。

入浴は毎日のこと。
この時間を利用して賢く代謝アップを目指しましょう。身体の疲れも取れるし、続けていくことで代謝が高まり太りにくい身体になっていくはずですよ。

おすすめはやっぱり39度のぬるま湯で「重炭酸ホットタブ」入浴剤を使った入浴です。



▼ホットタブ商品一覧





バックナンバー

2017年6月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2017年7月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031