トップ > コラム > ふくらはぎは第二の心臓! お家でできる簡単マッサージ法

ふくらはぎは第二の心臓!お家でできる簡単マッサージ法


冷え性や肩こりなどの不調や、くすみや肌荒れなどの肌トラブルの大きな原因と言われているのが、「血行不良」です。
血液は全身に栄養や酸素を届ける役割を担っているので、血行が悪くなればさまざまな不調が現れてしまいます。

そうは言っても、デスクワークなどで同じ姿勢を続けることが多かったり、運動不足気味だったりするとどうしても血行が悪くなりがち。
そこで、手軽にできて血行促進に効果的な「ふくらはぎマッサージ」についてご紹介します。

カンタンにできて良いこといっぱいなので、やり方を覚えて毎日の生活に取り入れてみてくださいね。


ふくらはぎマッサージで全身の血流が良くなる!


冷えや肩こり、くすみなどが起こった時は、問題が起きている部分にばかり注目しがち。
だけど、血行不良を根本的に改善するには、下半身、特にふくらはぎのマッサージが効果的なんです。

脚、特にふくらはぎの筋肉は、下半身の血液を心臓に押し戻す役割を果たしています。
このため、ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれています。

健康な人のふくらはぎは、やわらかく弾力性のある状態です。
ところが、ふくらはぎに疲れが溜まり筋肉が硬くなると、血液を押し流す働きが悪くなり、全身の血行も悪くなってしまうのです。

全身の血液のおよそ7割は下半身に集まっていると言います。
ふくらはぎをマッサージすることで、全身の血行が飛躍的に良くなるのです。



ふくらはぎマッサージでいいこといろいろ!


ふくらはぎマッサージは、特別な道具も必要なく手軽にできる上に、健康や美容に良いことがいっぱいです。

まずは、きちんと血液が流れることで心臓の負担が軽くなり、血圧が安定します。
全身の筋肉にしっかりと栄養や酸素が届けられることで基礎代謝が上がり、体温も上昇します。

血液の流れが良くなることや、体温が高くなることは、免疫力の向上にもつながります。
これにより、感染症やがんにかかりにくくなったり、アレルギー症状をやわらげたりといった効果が期待できます。

さらに、肌や髪の新陳代謝も促され、エイジングケアにも役立つんですよ。



ふくらはぎマッサージの正しいやり方は?


効果的なふくらはぎマッサージのやり方をご紹介します。
ふくらはぎをマッサージする時は、アキレス腱からひざ裏に向かって揉んでいきます。
血液を心臓に戻すことをイメージしながら行いましょう。

揉む時は腹式呼吸を意識して、ゆっくりと息を吐き出しながら押し、息を吸い込みながら指の力を抜いていきましょう。

マッサージする強さは、「イタ気持ちいい」ぐらいが適切と言われています。
無理せず、「ちょっと痛い……でも気持ちいい!」と感じられるぐらいの力加減で行ってくださいね。
軽く押すだけで痛みを感じる場合は、さすることから始めてみると良いでしょう。

全身の血行が良くなれば、たくさんの不調を解消することにつながります。
お風呂上がりや寝る前など、毎日の習慣にしてぜひ続けてみることをおすすめします。



文責:レイ



バックナンバー

2017年6月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2017年7月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031