トップ">コラム妊娠線に悩まないで!

妊娠線に悩まないで!

妊娠後のお腹にできやすいひび割れのような線。
妊娠線と言われるこの症状に悩む女性が多いのです。肉割れやストレッチマークとも呼ばれる妊娠線を消す方法はあるのでしょうか。

妊娠線ができるわけ、予防方法や治療方法を調べてみました。




妊娠線ができるわけ

嬉しい妊娠の困った副産物ともいえるのが妊娠線ではないでしょうか。
驚くことに7割もの妊婦さんが妊娠線に困っているというデータがあります。最近ではできてしまった妊娠線を消すよりも、妊娠線ができる前から予防クリームなどでケアして妊娠線を作らないようにする人が増えています。

そもそも妊娠線は、妊娠で急激に大きくなるお腹に皮膚の伸びがついていけず、真皮が裂けてできる断裂跡のことです。 妊娠5~7か月でお腹が大きくなり始めるころからできやすくなります。

妊娠線のでき方も人それぞれで、おへその上下に1本できる人や、10本以上(!)できる人、ひび割れのようにできる人も。

また、お腹以外にも太もも、ヒップ、二の腕、バストに妊娠線ができる人もいます。

妊娠して皮下組織の中にある脂肪細胞が急激に大きくなると、表皮はある程度伸びますが真皮や皮下組織の一部はスピードについていけず断裂してしまいます。
その断裂部分から毛細血管が透けて見え、赤紫色の線状斑が表れます。また、妊娠中はステロイドホルモンの分泌量が増えるのですが、このホルモンには肌のターンオーバーを抑制する働きがあります。肌の弾力が失われて断裂しやすい状態にあると言えます。




妊娠線はできる前に予防すべし!

いったん出来てしまうと治りにくいのが妊娠線です。だからこそできてしまう前に、
またできても最小限にとどめるための予防法をご紹介しましょう。

最近では産婦人科でも妊娠中の体重管理を厳しく指導されるようになりました。

母体の体重が増えすぎると妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクが増えるからです。同時に急激な体重増加は妊娠線の原因に。
少しずつ体重が増えるように、体格にもよりますが、Max12kg程度の体重増加が目安と言われています。

妊娠線の予防に最重要なのが保湿ケア。お肌に潤いを与え、柔らかい状態にしておくことです。

妊娠線ケア専門の予防クリームやオイルがおすすめです。妊娠初期から毎日ケアを始め、お腹だけでなく、バストや二の腕、太もも、ヒップも忘れずにケアしましょうね。




セルフケアで妊娠線を防ごう

保湿ケアにおすすめなのが「BODY OH! ボディケアクリーム」。
面倒なマッサージも不要で塗るだけのボディクリームです。二の腕、お腹、脚すべてこれ1本でOK!

▼BODY OH! ボディケアクリーム
塗るだけでOK!香りにもこだわった「Body oh!」

加齢や紫外線、妊娠などの原因でセルライトやハリの低下、妊娠線など急激な変化を受けたボディが、
3種のナチュラル成分でたるみのない滑らかなボディラインに変化。増加した活性酸素を、お肌の奥まで浸透するハイドロゲン(水素)の作用で分解します。

話題のミネラル成分シリカ(ケイ素)がコラーゲンを結び付けて潤いと弾力のある肌に。シリカ(ケイ素)は体内では生成できないため、年齢とともに減少してしまいます。このシリカを肌に浸透させることでコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを結び付けて潤いや弾力のある肌へと導きます。




レーザー治療で妊娠線治療

残念ながら出来てしまった妊娠線は、マッサージや保湿クリーム等のセルフケアでは消すことは難しいでしょう。
妊娠線は真皮の断裂が原因で、肌の表面の保湿では効果は感じにくいと感じると思います。だからといって妊娠線をあきらめてしまうのではなく、積極的に治療をすることができるんです。 それが美容皮膚科でのレーザー治療という方法です。

レーザー治療により真皮に刺激を与えて血流を改善させ、皮膚の代謝を促します。これにより直接真皮から肌の再生を促し、徐々に妊娠線を薄くしていきます。

レーザー治療1回で劇的に妊娠線が消えるわけではなく、その人の状態にもよりますが期間をあけて数回にわたって行います。そのため、かかる費用も幅がありますので治療前にしっかりカウンセリングを行ってくれる医療機関に相談するようにしましょう。




文責:レイ



バックナンバー

2017年9月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031