トップ> コラム> 『巻き爪』編!女子に多い?爪の悩み

『巻き爪』編!女子に多い?爪の悩み

足の爪のトラブルで多いのが「巻き爪」です。
ひどくなると痛くて歩けない、靴が履けないといった状態にまでなることも。
以前は治療というと爪を抜いたり部分的に切ったりと荒療治とも思える方法がとられていましたが、今は歯科矯正のように爪の形を矯正する方法が主流になっています。
今回は巻き爪の治療についての情報をお届けします。

巻き爪とは?

足の親指に多い巻き爪。爪の両端が内側に巻き込んで指の肉に食い込んだ状態のことを言います。痛みのない軽度なものから、痛みや炎症を起こしたり、傷口が化膿してしまう重症なものまで状態は様々です。

重症になると痛くて靴が履けなくなったり、爪先の尖ったヒールやオープントゥのサンダルなどが履けなかったり、人前で素足になるのも嫌だったり・・・ネイルで楽しむこともできません。

こうした巻き爪に悩む人は多く、10人に1人の割合だと言われています。多くの人は「たいしたことない」「そのうち治るだろう」と放置してしまっているとか。

でも放置すると悪化することもあるので、気付いたら早めに対策を講じた方が大切です。

 

 

巻き爪の原因は?

以前から原因とされてきたのが、小さいサイズの靴や爪先の細い靴を履いているために、足先や指、爪などが圧迫されることです。こうした外圧が巻き爪の原因のひとつと考えられます。

また、ヒールの高い靴で爪先に重心がかかることも巻き爪の原因と言われ、こうした靴を履くことが多い女性に巻き爪になる人が多くなっています。
ただし、今では爪そのものの性質で巻き爪になりやすい人がいると考えられています。そういう人は特に爪の切り方や靴に気を付けた方が良いですね。
爪を深く切りすぎる深爪も爪周りの皮膚が盛り上がって巻き爪を引き起こすことがあり、良くありません。この他、スポーツなどで指や爪をぶつけたり、強すぎる負荷をかけたりすることも巻き爪の原因となります。

 

 

巻き爪の詳細と予防方法

巻き爪には大きく分けて「陥入爪(かんにゅうそう)」と「弯曲爪(わんきょくそう)」の二種類があります。また、巻き爪の状態によって治療方法が変わってきます。

一般的に巻き爪と言われている弯曲爪は、親指に起こることが多く、前から見ると馬の蹄やアルファベットの「C」やひらがなの「の」の字に見えるほどに爪が変形しています。

陥入層は伸びた詰めの先端や両端の角が爪の周りに食い込み、痛みや炎症が起きた状態。炎症によって爪の周りが腫れることで、爪がさらに埋もれて悪化していく悪循環を起こしてしまいます。

軽度の巻き爪を改善するには「巻き爪矯正グッズ」を利用する方法もあります。巻き爪を予防するには、正しく爪を切る(深爪をしない)こと、爪先を圧迫しない靴を履くことが大切です。

 

 

病院で治す!

化膿したり歩くのもままならないという重症な場合は、病院での治療が必要です。
巻き爪の治療は「外科」「形成外科」「美容外科」や、「皮膚科」「美容皮膚科」等で行っています。
症状が悪化すると、手術が必要となる場合もありますので、重症な方は外科系を選ぶと良いでしょう。巻き爪の治療は「ワイヤー法」「フェノール法」が一般的です。

 

<ワイヤー法>
爪の両端に穴をあけてワイヤーを通し、爪の両端からワイヤーの引っ張る力を利用して巻き爪を矯正します。
通院治療で約1年間かかり、治療費の合計は3万~5万円が相場となります。健康保険適用外。

 

<フェノール法>
幹部が化膿している場合、幹部に局所麻酔をして薬剤で爪の根元を焼いてしまう治療方法です。
痛みは少なく、短時間の外来手術で、健康保険が適用されて治療費は2万円程度です。

 

 

文責:レイ



バックナンバー