トップ">コラムシミ取りの近道「美容皮膚科」とは?

シミ取りの近道「美容皮膚科」とは?


美肌の大敵、シミ、シワ、くすみ。なかでも年齢とともに増えてくるシミは、常に肌トラブルの上位に上げられています。

美白美容液をいろいろと試してみたり洗顔方法を変えたりしても、思い通りの効果が得られない…そんな声もよく聞こえてきます。そこで注目したいのが「美容皮膚科」。

一般的な皮膚科と異なり、美容を主な目的にした医療機関では、どんなシミ取り治療があるのでしょうか。




シミを消したい!対策はセルフケア?美容皮膚科?



日焼け等により生成されたメラニン色素が、正しく排出されずに肌に残ることでシミができてしまいます。シミの元であるメラニンやメラニンを作り出すメラノサイトは、一人ひとり状態が異なります。

また、シミと肝斑(かんぱん)は同じではありません。肝斑の原因は女性ホルモンやストレスだと言われており、改善方法も異なります。シミか肝斑か不明な場合は、自己判断せず医療機関で相談しましょう。

セルフケアの場合、シミ専用クリームや馬油を使って徐々にシミを薄くする、という方法があります。ビタミンC誘導体の入った美白化粧品、シミを消すというより、新たなシミを作らない、出来てしまったシミを大きくしないというイメージです。また、大切なのは保温と保湿で、ビタミンC、β-カロテンを食事で摂取するなど、肌の新陳代謝を高める生活を心がけること、そして紫外線対策を怠らないことです。

セルフケアよりもっと積極的なシミ取り方法が、医療機関である美容皮膚科へ行くという選択肢です。専門知識を持ったドクターがカウンセリングをして、必要な治療方法を提示してくれるはずです。


美容皮膚科と美容外科ってどう違うの?

ところで「美容皮膚科」ってどんなところか、みなさんはご存知ですか?似た名称の「美容外科」とは違うのでしょうか。

美容皮膚科と美容外科大きな違いは、外科手術(二重手術や豊胸手術、脂肪吸引など)を行うかどうかです。外科手術を行うのが美容外科で、美容皮膚科でメスを使う手術は行いません。

美容皮膚科では美を目的として、医師が診察と治療を行います。医療機関によって治療内容は異なりますが、主にレーザーによるシミやシワの治療や医療レーザー脱毛、美肌注射、点滴、投薬治療が受けられます。

美容皮膚科でのシミ取り治療は主にレーザー治療、フォトフェイシャル、投薬治療が挙げられます。それぞれの特徴を見てみましょう。




レーザー治療でシミを取る!



シミ取り治療で最も多く取り入れられているのがレーザー治療です。一般的な日光性色素斑はレーザーの反応が良いからです。 ピンポイントのシミ取りの場合、レーザーを照射するのはほんの一瞬で、治療後はシミがカサブタ状態になり、5~7日程度で剥がれ落ちます。その後1ヶ月程度でピンク色の肌に改善していきます。レーザー照射時は皮膚を輪ゴムで弾いたような痛みがありますが、痛みに敏感な人は麻酔などの対応をする場合もあります。

広範囲に点在するシミ取りの場合、波長の広いレーザーでまとめて治療することもあります。照射後はシミがゴマのように浮かび上がり、1週間程度で洗顔するうちにいつの間にか剥がれ落ちていきます。照射時はフラッシュをたかれたような感覚だけで痛みもほとんどありません。

なお、欧米人よりメラニンが多い日本人の場合、シミを取るために必要なレーザーの熱量により、シミは取れたけれどその後「炎症後色素沈着」という、まるでシミが再発したかのような症状が起こりがちです。これを防ぐには、レーザーのダメージを与えないよう照射時間をなるべく短くする必要があります。

治療費は医療機関ごとに異なるのでほんの一例ですが、ピンポイントのレーザー治療(1mm)で1回3,000~10,000円を1~5回、広範囲のレーザー治療(5mm)で5,000円を1~5回、などとなっています。




フォトフェイシャルでシミ取り&肌質改善



フォトフェイシャルは、黒や赤の色素に吸収されやすいIPL(インテンス・パルス・ライト)という光の熱エネルギーによって、メラニン色素や毛細血管を破壊するスキンケアです。真皮のシミには効果がありませんが、コラーゲンの生成を促すことで、シミだけでなく、肌質改善、化粧ノリのアップなど美肌効果が期待できます。

光を当ててメラニン(シミの色素)を反応させ、浮き上がらせます。数日後には皮膚の代謝でシミがぽろぽろと剥がれ落ち、シミの色素沈着が徐々に薄まっていきます。塗り薬のトレイチノン、ハイドロキノンと併用すると効果的です。

フォトフェイシャルの治療費もほんの一例を挙げると、顔全体で1回2~3万円を1クール5回以上施術するのが一般的です。多くのクリニックで初回トライアルが導入されていますが、通常価格を確認し、トータル費用をしっかり確認してから納得して治療を始めることをおすすめします。







文責:レイ



バックナンバー

2017年9月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031