トップ">コラムSNSで話題!Tシャツヤーンでハンドメイドにハマる人が急増中!

SNSで話題!Tシャツヤーンでハンドメイドにハマる人が急増中!



SNSや女性誌で話題のTシャツヤーン。
いま大ブームとなっている最新のハンドメイドアイテムです。Tシャツやカットソーの製造過程で捨てられていた布切れを生まれ変わらせたものです。

伸縮性のある生地をテープ状につないだボリュームのある糸が特長で、編み物初心者でもかぎ針でざくざく編めてすぐに完成するうえ、インスタなどのSNS映えすることで世界中の若い女性を惹きつけています。

初めての人にもおすすめのレシピサイトを紹介します。




Tシャツヤーンって何?


Tシャツヤーンブームの火付け役と言えるのが「ズパゲッティ」。オランダ人の女性起業家が約10年前に考案した商品です。 親戚のテキスタイル工場で床に落ちている布切れがスパゲッティに似ていることからその名がついたとか。

ズパゲッティ以外にも、百均大手のダイソーやネットでも様々な種類のTシャツヤーンが手に入ります。本家ズパゲッティは1玉2,000円近くしますが、ダイソーなら100円+税で手に入ります。

ただしズパゲッティは1玉の長さ約120m、ダイソーは9mしかありません。小物なら百均の短い糸で十分ですが、バッグなどを作る場合は糸継ぎが不要な長さの方が簡単かつきれいに編めると思います。

また、実際に着古したTシャツを切り込んで糸にするという方法もありますが、結構な手間と糸くずが大量に出ます。初心者は市販の糸を買うことをおすすめします。



Tシャツヤーンの魅力とは・・・

昭和の時代には、編み物といえば寒い冬にかじかんだ手を温めながら「夜なべをして」編む、重~い手芸でした。
時間はかかるし気持ちは重いし・・・そうとう好きな人しか編み物なんてしませんよね。

そんな時にあらわれたのがTシャツヤーンです。その魅力は何と言っても伸縮性とボリュームのある極太糸でざくざく編めること。初心者でも「夜なべ」どころか一日、いえ数時間で作品が出来上がってしまうのです。

また、端材から生み出される商品のため、出会える色柄はまさに一期一会。気に入った糸は即買わないと、二度と出会えないかもしれないのです。
そんなユニークな糸から手作りで出来上がった作品は「世界に一つだけ」のもの。
だからこそ、SNSでみんなに公開したくなるのかもしれません。



手作りアクセサリーもおすすめ


個性的なハンドメイド作品をおしゃれに取り入れるポイントは、アクセサリーなどの小さなパーツから始めるのもおすすめです。

バッグにつけるタッセルチャームや手編みのブレスレット、ヘアゴムなどが人気です。こうした小さな作品は百均の短い糸でも十分に編めますから、まず手始めにアクセサリー作りからチャレンジしてみませんか?

作品や作り方はインスタや動画サイトでもたくさん公開されています。




おすすめのTシャツヤーンレシピサイト



「ズパゲッティ」オフィシャルサイトでは、編み図の販売をしているほか、無料の編み図もいくつかダウンロードできます。
説明は英語ですが、プレーンなクラッチバッグやラグなどは試してみる価値大ですよ。

★有料の編み図は種類がとっても豊富で、1ユーロ程度でダウンロードできます。
(PatternsメニューからFree Patternsを選択)

▼Hoooked T-shirt Yarn




★編み物が初めて…という人は、手芸の老舗メーカー「ハマナカ」のアプリ「あみものレシピ」がおすすめです。針の持ち方から基本を丁寧に教えてもらえます。

▼ハマナカあむゆーず




★ズパゲッティの他にもTシャツヤーン「Re:KniT」を販売しているドリーム。全国約80店舗の店頭で様々な一日講習会を行っています。作品のサンプルもあって見るだけでも楽しい!材料を買うとレシピももらえるので、お店を探してみてください。

▼手芸センタードリーム




文責:レイ



バックナンバー

2017年9月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031