トップコラム > 顔が大きくなってる気がする…その原因とは?

四十肩・五十肩の原因と対策&治し方

四十肩・五十肩と俗に言われる肩のつらい痛み、正式には肩関節周囲炎という症状に悩んでいる人はとても多いのです。そういう年齢だから仕方ない…とあきらめている人、安静にしておけばそのうち自然に治るだろう…と放置している人も多いのが現状のようです。でも長引く痛みから日常生活に支障をきたす人も。あまり悪化すると腕が上がらないどころか痛くて眠れない、というところまで行ってしまう場合もあります。また最近ではスマホの影響からか、若い人でも四十肩になってしまう人もいるんだとか。肩が痛む人はその原因と対策を知っておけば、きっと役に立つはずです。


四十肩・五十肩ってどんな症状?その原因とは?

その呼び名の通り、40代から50代の年齢の人がなりやすい肩関節周辺の炎症のことが、一般的に四十肩や五十肩と呼ばれます。通称があるくらいメジャーな症状で、性別に関係なく誰にでも起こる可能性があります。五十肩は江戸時代の記録にも残されているほど。そして近年、生活習慣の変化とともに発症年齢が下がってきているんだとか。

<四十肩・五十肩の主な症状>
・肩がこわばっている
・肩を動かすと痛む
・腕を動かそうとしたときに肩が激しく痛む
・腕を上げられない
・腕が後ろに回しにくい
・寝返りを打つと肩が痛い

ほとんどの場合、左右どちらかの肩だけに症状が起こります。痛みが突然発生する「急性期」、肩や腕の動きが悪くなる「慢性期」で対処法が異なります。

最近ようやく四十肩・五十肩のメカニズムが分かってきました。加齢による筋肉や関節の変性と、血液循環の悪化が原因となって肩周辺の腱や周辺組織に炎症が起こり、腫れや痛みが生じるのです。肩こりは筋肉痛の一種で筋肉疲労なので、発生するメカニズムも対応策も異なります。



早く治すには病院に行くべき?症状の見極め方

初期の四十肩・五十肩であれば、肩を温め、腕をゆっくりと動かす適度な運動を続けていれば自然に治るでしょう。普通は半年から1年ほどで自然治癒する場合が多いです。

ただし、腕を少し動かしただけで痛みがある場合は、無理に動かすのは禁物です。また、炎症を起こしている場合は冷やす必要があります。分からない場合や痛みがひどい場合は、整形外科などを受診しましょう。病院で治療する場合は、投薬治療、注射、手術等の治療方法がありますが、基本的には炎症を鎮めてリハビリを行うという形になります。

注意したいのが他の病気や不調が原因となる肩の痛みです。例えば首の骨、頸椎に異常があると、首の痛みのほかに腕や背中の痛み、手のしびれなどが現れることも。もっと恐ろしいのが狭心症や心筋梗塞などの心臓疾患で、左肩の痛みと同時に動悸や冷や汗、めまいが起きます。この場合、肩を動かしても痛くないのが特徴です。すぐに救急車で病院に向かいましょう!



温めるor冷やす?急性期と慢性期で異なる治療法

腕を動かしたときに突然激しい痛みを感じて発症するのが一般的な四十肩と五十肩。このような急性期は、痛みも炎症も強い時期です。湿布や保冷剤で冷やす必要があります。また、マッサージや運動もNG。安静にして肩をなるべく動かさず、重い荷物を持つことも控えてください。

腕が肩より上に上がらない、肩が動かしにくい、などの症状が現れる慢性期には、肩の関節を動かすリハビリが必要です。また、急性期とは異なり、血行促進のために温湿布やお風呂で積極的に温めましょう。ストレッチやラジオ体操などを取り入れて、適切な運動をすれば完治も夢ではありません。



こんな人は要注意!痛くなる前に予防しよう

四十肩・五十肩と言っても加齢だけが原因ではありません。なりやすい人の特徴を挙げてみました。

・病気やケガの経験、特に腰痛持ち
・糖尿病の人
・若い頃に野球などのスポーツで肩を痛めた人
・猫背で身体が歪んでいる人
・重いバッグを持ち歩く人
・パソコンやスマホの利用時間が長い人

寝不足や偏った食事、ストレスの多い人も注意が必要です。交感神経が優位になると血管が収縮して血行不良になり、肩関節まわりの血流が悪くなると炎症を起こしやすいので、自律神経を整えるように気をつけましょう。栄養バランスの良い食事をとり、しっかり睡眠をとる規則正しい生活、適度な運動も大切です。

また、自己流の運動がかえって四十肩や五十肩には逆効果になることも。痛みがある場合は水泳やゴルフなど肩を動かすスポーツは注意しましょう。



四十肩・五十肩の人向けストレッチ

自宅で簡単にできるストレッチです。毎日行うことで四十肩・五十肩の予防とリハビリ、再発予防につながります。無理をせず行いましょう。

<準備運動>
1. 肩甲骨を上下に動かす
2. 肩甲骨を前後に動かす
3. 腕を拡げて肩甲骨から前回し・後ろ回し

<膝の抱え込み運動>
1. 椅子に座ったまま軽く片脚を浮かせる
2. 膝頭を抱えるようにして持ち、背中を丸めて抱えている脚を下していく
3. 床につく手前ギリギリで20秒キープ
1~3を両足1セットで3セット行う。

<バンザイストレッチ>
タオルを用意します。
1. タオルを肩幅に持って万歳をする
2. そのまま左に身体をゆっくり倒していって20秒キープ
3. ゆっくり正面に戻してから右に倒していって20秒キープ

単に肩の痛みを感じなくなったからと言って四十肩が治った、というわけではありません。肩の関節がスムーズに動かせるまでリハビリが必要です。再発しないように四十肩となった生活習慣を改め、ストレッチを続けるように心がけましょう。



文責:レイ



バックナンバー

2017年1月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年2月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728