トップコラム >ダイエットだけじゃない!「プチ断食」で内側からキレイに

ダイエットだけじゃない!「プチ断食」で内側からキレイに

テレビや雑誌などで取り上げられることも多いので、「聞いたことある!」という方も多いと思います。

ダイエットの方法の一つだと思われがちですが、プチ断食の効果はダイエットだけではありません。
もちろんダイエットにも役立つのですが、それ以上に、身体の調子を整えて内側からキレイになる効果がすごいんです。

ダイエットに興味がないという方も、どんなものなのかをぜひチェックしてみてください。


プチ断食ってどんなもの?

一定の期間すべての食事を絶つ「断食」は、もともと宗教的な意味合いの強いものでした。
ところが断食を行うことで病気の治療に役立つ場合があることなどがわかり、次第に治療などの目的で行われるようにもなっていきました。

本格的な断食は身体への負担も大きく、医師の指導や専門の施設などで行う必要があります。
こうした断食の効果をもう少し身体への負担が少ない形で、手軽に取り入れようという方法が、週末などを利用して丸1日だけ食事を摂らない「プチ断食」です。



どんな効果があるの?

わたしたちは食事から栄養を摂って生きています。食事を抜くというと、健康に良くなさそうなイメージを持つ方もいるかもしれませんね。

でも、豊かな現代に生きる私たちは、実は必要以上に「食べ過ぎ」「栄養の摂り過ぎ」という状態になりやすいのです。

毎日三食、きちんと食事を摂っていると、胃腸は消化・吸収のため休むことなく働き続けることになります。次第に疲れがたまり、知らないうちに機能が低下してしまっていることも……。

プチ断食は、そんな働きづめの内臓を休ませてあげることに役立ちます。少し休ませることで、本来の機能を取り戻して身体の調子が良くなります。
また、食事を摂らないことで消化吸収の必要がなくなると、その分のエネルギーを使って毒素や老廃物の排出が促されます。

プチ断食を行うことで、体調が整い、デトックスが進むのです。これこそが、プチ断食で内側からキレイになる理由なんです。もちろん摂取カロリーが減るというのもありますが、むしろデトックスで代謝が高まることで痩せやすい身体になることの方が、ダイエット効果として重要だとも言えます。



週末を利用したプチ断食のやり方

プチ断食をやるなら、週末など休日を利用して取り組むのがおすすめです。
土日休みの方の場合、土曜日を断食の日に、日曜日を復食の日に当てるやり方です。

①金曜日
金曜の夕食はいつもよりやや少な目に、消化しやすいものを選びます。夕食はあまり夜遅くにならないようにしたいですね。

②土曜日 水以外の食べ物、飲み物を一切摂らないようにします。
ただし、水はこまめにしっかりと摂るのが大切です。激しい運動は避けて、リラックスした気分で過ごしましょう。

③日曜日
急に元の食事に戻すと身体に負担が大きいので、少しずつ回復させていきます。
朝食は、お椀に半分程度のお粥をゆっくりと味わって。
昼食もお粥で、朝よりは多めの茶碗一杯程度。
夕食は普通の食事に戻しますが、量は普段よりは少な目に、消化の良いメニューを選ぶようにしましょう。

丸一日程度のプチ断食であれば、正しいやり方を守ってやれば自分で行っても問題ありません。ただし、持病のある方や妊娠中の方などは、行っても良いかをお医者さんに確認してくださいね。

たまには、内臓も休ませてあげましょう。心身ともにリフレッシュして、キレイ&健康に役立つはずですよ。



文責:レイ



バックナンバー

2017年1月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年2月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728