トップ > コラム > ラジオ体操ってやっぱりすごい!気になる効果は?

ラジオ体操ってやっぱりすごい!気になる効果は?


夏休みになると、毎朝近所の公園から聞こえてくるラジオ体操の音。

子どものころを思い出してなんだか懐かしいですね。ところが最近では、ラジオ体操が運動不足の解消や健康維持のみにとどまらず、ダイエットにも効果があるとして、大人世代から注目されているのです

その理由とは?効果的なラジオ体操の取り組み方とあわせてご紹介します。


ラジオ体操には大人にこそメリットがあるんです


ラジオ体操といえば、小中学校で習ったきり、大人になってからはすっかりご無沙汰、という人も多いのではないでしょうか。

子どものころは主に体育の準備運動として取り組んでいた記憶があります。日ごろから身体を動かすことの多い子どもにとっては、ラジオ体操は「カッコ悪いダンス」くらいの印象しかありませんでした・・・。

ところが、本当にラジオ体操が役に立つのは、運動不足になりがちな大人になってからだったんです。

何故かというと、最もポピュラーな「ラジオ体操第一」は、全部で13の動きで構成されていて、全身の筋肉をまんべんなく動かす究極の全身運動とも言えるものになっています。

そして、その運動の構成も良く練られていて、「のびの運動」から入って最後の「深呼吸の運動」でカームダウンするという無理のない順番で、効果的に全身を動かすことができるのです。

便利な生活でつい鈍りがちな筋肉を、しっかりと意識して動かすことによって運動不足の解消につなげられ、いつでもどこでも老若男女問わず実践できるのがラジオ体操の最大のメリットです。



ラジオ体操でダイエット

ラジオ体操は第一、第二とありますが、それぞれ約3分15秒でまとめられています。

第二は第一に比べて大きく体を動かす運動が多く、筋力をより強化するエクササイズになっています。
第一と第二を続けて約6分の運動を行うことにより、約25kcalの消費カロリーが見込まれます。これは速い速度でのウォーキングとほぼ同等の運動となります。

カロリーの消費以外にも、全身の筋肉を鍛えたり姿勢を整えたりという効果があるため、漫然としてウォーキングよりもダイエット効果は高いということになりますね。 CanCamモデルの池田エライザも、数年前からラジオ体操を体形維持に取り入れているそうです。

健康的できれいな体形を手に入れるには、無理な食事制限などよりラジオ体操の方がダイエットに相応しいと言えるでしょう。



それぞれの運動のポイントに気をつけよう

運動は漫然とやるよりも、動かす筋肉を意識してやることで効果が断然違ってきます。

ラジオ体操を始めるときは、テレビやネットの動画等で動きをよく確認して運動のポイントを確認してからがおすすめです。

例えば、2番目と12番目の「腕を振ってあしをまげのばす運動」では、かかとはほぼ上げたままで、床につけるのは一瞬だけです。これを意識して行うと、体幹や足の筋肉をしっかり鍛えることができます。
この運動は下半身太りの解消にもってこいです。気になる人はまず、この運動をしっかり実践しましょう。

また、肩こりにお悩みの人には3番目の「腕をまわす運動」をおすすめします。この運動の注意点は、かかとを上げないこと。肩甲骨を大きく動かすことに意識して、素早く動かすのがポイントです。

なお、ラジオ体操を朝一に行うと、脳と体を目覚めさせ、一日を活動的に過ごす一助になります。
また、昼食後に行うと、ランチで上がった血糖値を下げて眠気を抑えてくれます。

夕方ちょっと疲れたときが、実はラジオ体操がダイエットに効果的なんだとか。

また、夜寝る前のラジオ体操は体温を上げてくれるため、安眠効果が期待できます。入浴とセットで身体を温め、良い睡眠につなげることで、より健康的な毎日が過ごせそうですね。



お年寄りに!家族全員に!ラジオ体操はおすすめ

そもそもラジオ体操は、逓信省簡易保険局(今の郵便局かんぽ事業)によって、国民の健康を守るためとして作られました。

健康寿命を伸ばすためとして作られ、実際に80歳代・90歳代で自立できている高齢者は、継続的にラジオ体操をやっている人が多いんだとか。

まだまだ先のことですが、元気できれいなマダムになるために、今からラジオ体操の習慣をつけると良いのではないでしょうか。





文責:レイ



バックナンバー

2017年9月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031