トップ > コラム > きれいなママになる!産後ダイエット&身体のゆがみ&抜け毛対策

ママになりたての女性のお悩み
「産後ダイエット」「身体のゆがみ」
「抜け毛」について、基本的な対策をまとめました。


待ちに待ったベビーの誕生。

妊娠中の大きなお腹とさよならして、きれいなママになる・・・はずなのに、体重が減らないのはなぜ!?
お腹ポッコリ、怖いくらいの抜け毛など、出産後の女性に降りかかる身体の悩みは尽きません。

そんなお悩みの対策方法を探ってみました。


産後の身体のお悩みNo.1は体重です。


ママの身体で最も多いお悩みが、減らない体重にまつわるもの。

妊娠中は、体重を増やしすぎないよう産婦人科医から指導されます。
それは妊娠中毒症や妊娠糖尿病などを予防する観点からで、妊婦の理想的な体重増加は標準体重の女性で7~10kgとされています。
この増加した体重の内訳ですが、赤ちゃんの体重が平均で約3kg、胎盤や羊水が約1kg、母体の必須体重増加が約3~4kgとされています。
つまり、出産時に10kg体重が増えた人は、余分な脂肪が約2~3kgもついてしまった!ということになります。

理想的な体重増加で済めば、月齢1ヶ月くらいで行われるお宮参りのときには、すでに妊娠前の体重に戻っているかもしれません。しかし、あるアンケートによると、多くの女性が6ヶ月程度かけて徐々に体重を落としているようです。



産後ダイエットの基本を抑えよう


産後ダイエットの基本は、骨盤ベルトを着用して、出産でゆるんだ骨盤を正しい位置に戻すことです。

そのうえで、かわいいベビーにダイエットのお手伝いしてもらえるのが母乳育児。
しっかり母乳を飲んでベビーはすくすく育ち、ママは自然に痩せていきます。母乳を十分に作るには水分補給と栄養補給がとっても大切になってきます。

産後ダイエットにNGなのは、断食や炭水化物ダイエットなどの食事制限方法なのです。

また、妊娠前よりも筋力が落ちているため産後1ヶ月を過ぎてベビーと一緒にお散歩ができるようになったら、ウォーキングを始めましょう。



骨盤のゆがみを治してポッコリお腹解消!

体重が戻っても体形が元に戻らない、というお悩みも良く聞きます。
これは骨盤のゆがみが原因のことがほとんどです。

妊娠中にゆがんだ骨盤は、産後3~4ヶ月かけて左右交互に少しずつ縮みながら、徐々に元の状態に戻ろうとします。
ところが身体のバランスが崩れていると元に戻らないことも。横座りや足組み、猫背、授乳中にずっと胡坐をかくなど、
身体をゆがめる姿勢は避けるようにしましょう。

骨盤のゆがみを解消する方法でおすすめなのが足湯です。

足湯でリラックスすることで、骨盤や筋肉の緊張をほぐす効果があります。また、血流を良くすることで産後に多い冷え症を緩和することもできます。
このとき、重炭酸入浴剤「ベビタブ」を使うとさらに効果的です。
少し熱めに感じるくらいの湯温(41~43℃)にくるぶしまでつけ、15~30分浸かれば全身ポカポカになります。
お湯の中で足の指を曲げ伸ばししたり、開閉したりすればさらに効果的です。

▼重炭酸入浴剤「ベビタブ」誕生!詳しくはコチラ





産後の抜け毛


妊娠、出産、母乳育児、卒乳、生理再開など、ママの身体の変化には女性ホルモンが大きくかかわっています。

そのほかにもストレスや生活習慣も抜け毛に影響しています。
対策の基本は食事で必要な栄養素をしっかり摂取すること。カルシウム、タンパク質、ビタミンB、ミネラル(亜鉛、鉄)などをバランスよく食事に取り入れましょう。

ベビーのお世話で忙しいし、抜け毛が気になるのでシャンプーの回数を減らす、というのはNGです。

頭皮の毛穴が詰まったり、血行が悪くなるとかえって抜け毛を悪化させることも。忙しいママにおすすめなのは、自宅で炭酸ヘッドスパが楽しめる「ベビタブ」の専用シャワーヘッド。シャンプー不要で汚れを落としてくれて、水道水よりも血行促進効果があるので、育毛に最適ですよ。

きれいなママになって、育児を楽しんでくださいね♪





文責:レイ



バックナンバー

2017年1月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年2月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728