トップ> コラム> 菌活”で腸内フローラと肌フローラを育てよう!

腸内フローラと肌フローラについて、菌活に注目して、その整え方をお知らせします。

就活、婚活、妊活などいろいろな活動がありますが、美容と健康に欠かせないのが“菌活”です。菌活とは、私たちの身体に良い働きをする菌を食事等から積極的に取り入れる活動のこと。腸内フローラ、肌フローラとは何か、それぞれの役割を知って、健康で美しい身体を手に入れましょう。

 

 

腸内フローラとは?

私たち人間の腸内には多種多様な細菌が生息していて、その数なんと数百種類、600兆個以上にも及ぶとか。特に小腸から大腸にかけて、様々な細菌が種類ごとにグループを形成して腸の壁面に住んできます。顕微鏡で腸内をのぞくと、まるで植物が群生しているお花畑(英語でフローラ)のように見えることから“腸内フローラ”と呼ばれています。

腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、どちらにも属さない日和見菌に分類され、そのバランスが腸内環境と呼ばれます。

 

<腸内細菌の分類>
善玉菌:乳酸菌(ビフィズス菌)など
悪玉菌:ウェルシュ菌、病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌など
日和見菌:どちらにも属さないが、優勢な方に加勢する

 

 

腸内フローラを整える菌活

腸内フローラは、体調や食生活、年齢、ストレス等で日々変化します。何らかの原因で腸内バランスが崩れると、悪玉菌が作り出す有害物質が増え、おなかの調子が悪くなったり様々な生活習慣病や肌荒れ、老化にも影響が及びます。

腸内フローラを整えるには、腸内環境を正常にしておくことが大切です。そのためには、日ごろから発酵食品等から乳酸菌を摂取するのが有効です。塩麹や納豆、ヨーグルト、きのこ、味噌、お酢など、複数の菌を組み合わせて、継続して菌を取ることが大切です。

 

 

肌フローラとは?

腸内環境に次いで注目されているのが“肌フローラ”です。腸内細菌と同じように皮膚にはおびただしい数の常在菌が住み着いています。これは皮膚常在菌といって、皮膚を弱酸性に保ち、雑菌や病原体を寄せ付けないよう働いてくれたり、肌の保湿にも重要な役割を果たしてくれています。

 

<皮膚常在菌の分類>
善玉菌:表皮ブドウ球菌など
悪玉菌:黄色ブドウ球菌など
日和見菌:アクネ菌など

 

表皮ブドウ球菌は皮脂や汗を分解して弱酸性の脂肪酸を作り出します。この脂肪酸が汗や皮脂と混ざり合うことで、肌の表面は常にpH4.5~6.5の弱酸性を保ち、雑菌や病原体から肌を守ってくれています。

 

黄色ブドウ球菌は様々なところにいて、普段はおとなしくしていますが、けがやアルカリ性に傾いた皮膚で増殖して炎症を引き起こします。手の傷を原因とする食中毒の原因ともなります。

 

アクネ菌はニキビの原因になるのと同時に、皮脂を分解して脂肪酸とグリセリンを作り、皮脂膜=天然のクリームの材料を作ることで肌を保湿してくれています。

 

肌フローラが乱れる原因

皮膚常在菌はメイクやスキンケアによって著しく数が減少してしまいます。その原因がパラベンなどの強力な防腐剤や、アルコール、保存料などの殺菌剤。こうした防腐作用のある化粧品を使っていると、肌の常在菌がダメージを受けてしまいます。

肌フローラが乱れると、肌荒れ、乾燥肌、オイリー肌、吹き出物、体臭まで引き起こしてしまいます。いろいろお手入れしているのに肌トラブルが改善しないという人は、肌フローラが乱れていると考えられます。

 

<肌フローラが乱れる原因>
・洗い過ぎ
・保湿し過ぎ
・ストレス
・乱れた生活習慣(睡眠、冷え、運動不足)

 

肌フローラが乱れる最大の原因は洗い過ぎです。洗い過ぎは汚れと一緒に善玉菌も洗い流してしまう恐れがあるのです。

 

 

 

肌フローラのための“菌トレ”

理想的な肌フローラとなって、皮膚常在菌と共生すれば美肌になります。肌本来の潤いを引き出しましょう。善玉菌が悪玉菌を倒すことで、機能性皮膚膜ができます。これにより肌が健全に保たれるようになります。また、肌フローラが整うことで日焼けにも強くなります。

 

<肌フローラを整える方法>
・運動や入浴で皮膚常在菌のエサとなる汗をたっぷりかく
・クレンジング、洗顔料でゴシゴシ洗う洗顔をやめる
・スキンケア化粧品に頼らない
・しっかり寝る
・冷えに気をつけて皮膚の温度を下げない
・糖質や脂質の多い食生活を改める
・ストレスをため込まない

 

肌フローラを整えるためには、善玉菌のエサである皮脂分泌を促してくれる豆乳を就寝前に飲むと良いです。冷や飯に含まれる亜鉛は悪玉菌の働きを抑える作用があります。何よりも、石鹸で洗い過ぎないことが大切です。

おすすめは皮膚の常在菌や皮脂バリアを守りながら、汚れをやさしく落としてくれる「ベビタブ」を使った重炭酸湯です。洗い上がりもしっとりで、乳液も不要なほど。家族みんなの健康維持に有効です。

 

 

文責:レイ



バックナンバー