トップ > コラム > 紫外線シーズン到来!シミ対策には体内ケアが重要

紫外線対策におすすめの栄養素、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンAをピックアップ。おすすめ食材と効果的な摂取方法もあわせてご紹介します。


太陽が降り注ぐ夏が近づいてきました。気になるのが紫外線によるシミ・そばかす。肌の老化を招き、シワやたるみまで引き起こす紫外線が特に増えるのがこれからの時期です。日焼け止めクリームや日傘、サングラスなどの紫外線対策に加えて、食べ物による体内ケアで日焼けやシミのない美肌をキープしましょう! 夏に備えて効果的な“食べる”紫外線対策をご紹介します。


紫外線対策に必要な栄養素“ビタミンACE(エース)


紫外線対策に必要なのがビタミンC、E、A。“ビタミンACE(エース)”と覚えましょう。 まず、レモンやイチゴなどのフルーツに多く含まれているビタミンC。ビタミンCはシミやそばかすの元となるメラニン色素が過剰につくられるのを抑え、色素沈着が起きにくくしてくれます。 次にナッツ類に多く含まれているビタミンE。抗酸化作用があり、血行を良くする働きや、細胞の新陳代謝を促進する働きもあります。健康的で若々しいお肌を保つことが期待できます。 ビタミンAも抗酸化作用が知られており、皮膚や粘膜の健康を保つ働きがあります。特に女性は生理中の方が日焼けになりやすいことが分かっています。これは生理中にビタミンAが減少することが原因のひとつだったのです。


ビタミンCの効果的な摂取方法


ビタミンCにはシミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑えてくれるほか、肌の重要な成分であるコラーゲンやエラスチンの生成を促進して、肌荒れを改善してくれたり、老化を抑える抗酸化作用もあります。 ビタミンCはお肌にとっても重要な栄養素であり、紫外線対策に欠かせないものなのです。 ただ、ビタミンCは人間の体内では一定量以上蓄積できないようになっています。そのため、毎日摂取することでのみ効果を期待できるということ。また、一度にたくさん摂取しても尿に溶け出して体外に排出されてしまいます。 効果的なのは朝昼晩の毎食後と就寝前の摂取です。紫外線の多い時期は意識してビタミンCを多く含んだ食べ物や飲み物をこまめに摂るようにしましょう。



ビタミンEは“若返りのビタミン”

強い抗酸化作用から、細胞を錆びつかせて老化の原因となる活性酸素を取り除いてくれるビタミンE。美白・シミ対策にも強い力を発揮します。ビタミンEは細胞膜の中に多く存在していて、細胞を保護しています。 ビタミンEはコーン油、ヒマワリ油、アボカド、アーモンド、うなぎ、カボチャなどに多く含まれています。 効果的なのは“ビタミンACE”を一緒に摂ること。ビタミンCにはビタミンEを再生させる働きもあります。またビタミンEの効果でビタミンAの酸化を防ぐこともできます。抗酸化作用がさらにUPします。



ビタミンAの効果的な摂り方

ビタミンAは“目のビタミン”とも呼ばれ、不足すると目が見えにくくなることも。レバーやうなぎ、卵などの動物性食品や、βカロテンの形でニンジン、ホウレンソウ、カボチャなどの緑黄色野菜に多く含まれています。 動物性のビタミンAを過剰に摂ると頭痛や肝臓肥大などの副作用の恐れがありますので、食べ過ぎやサプリでの摂取には注意が必要です。これに対して緑黄色野菜に含まれるβカロテンは必要に応じて体内でビタミンAに変換され、吸収も穏やかになります。 βカロテンは過熱に強いビタミンです。脂溶性といって油に溶けやすい性質のため、油炒めにすると吸収率がUPします。



紫外線対策にイチオシ食材はトマト


ビタミンCはもちろん、ビタミンAとEも豊富に含んでおり、紫外線対策には一押しの食べ物です。 また、夏野菜の代表格ともいえるトマト。旬の野菜は栄養素が2倍以上になるとも言われています。 紫外線の時期にはトマトを積極的に食べましょう! トマトなどに含まれるリコピンは、同じく抗酸化作用のあるビタミンEの数百倍の抗酸化作用があると言われ、メラニンの生成に関与する活性酸素を除去する働きがあります。リコピンは過熱調理すると体内への吸収・蓄積が増加するという報告がありました。ただ、ビタミンCは熱に弱い特徴があります。過熱する場合は短時間で、ビタミンCは生野菜やフレッシュフルーツで摂取すると良いでしょう。 ビタミンACEでシミのない美肌をキープしたいですね!



文責:レイ



バックナンバー

2017年9月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031