トップコラム > びっくり!アボカドの美容と健康効果

美容と健康に良いと注目のアボカド。その栄養成分からレシピ、種の活用方法までご紹介します。


“森のバター”という異名を持つほど栄養豊富なアボカド。そのクリーミーで濃厚な味わいも老若男女問わず人気の秘訣です。南米原産のアボカドが日本でメジャーになったのは15年ほど前。以来、サラダや肉料理のトッピングのみならず寿司ネタにも組み合わされほど。瞬く間に人気食材となったアボカドですが、最近では美容と健康、ダイエットにも有効という話で改めて注目されています。今回はそんなアボカドについて、深掘りしていきます!


“食べる美容液”アボカドの美容効果


ギネスで「世界一栄養価の高い果物」として認定されているアボカド。脂肪分が高いのでカロリーが気になるという人もいるのではないでしょうか。実際、アボカドのエネルギーは可食部100gあたり(大体1個分)で187キロカロリーとやや高めですが、それを補って余りあるほどの美容と健康効果があるのです。 アボカドの約20%が脂肪分ですが、そのほとんどが悪玉コレステロールを減らす働きを持つ不飽和脂肪酸。中でも必須脂肪酸のひとつであるリノール酸が2000mgも含まれているのです。リノール酸が不足すると心臓疾患や高血圧のリスクが高まります。また、高血圧予防、肌の保湿等の効果も。ただ、リノール酸の摂りすぎは善玉コレステロールも減らしてしまいます。また酸化しやすいため、ガンの原因である過酸化脂質を生みやすいので要注意。リノール酸は良質の油類からバランスよく摂取することが大切です。 そこでアボカドオイルが注目されているわけなんですね。 他にもパルミチン酸(抗酸化作用、ビタミンAを安定させシワを抑える、ニキビを減らす、善玉コレステロールを増加させ動脈硬化を予防)、パルミトレイン酸(皮膚の老化を防ぐ美容効果、動脈硬化予防、高血圧予防)などの脂肪酸がたっぷり含まれ、ビタミンや食物繊維も豊富なアボカドはまさに美容液のような食材なのです。



話題のアボカドレシピ


みんなが大好きなアボカドはレシピも3万件超!その中から選りすぐりをピックアップしました。アボカドは生でいただくほか加熱調理も美味しいですよ。

★人気No.1レシピ:やめられへんwアボカドの薬味ぽん酢漬け♪
★ダイエット中に!アボカドと豆腐のグラタン
★友近さんのダイエットで注目:はちみつアボカドヨーグルト
★メキシカンの定番ディップ:みんなが絶賛♪アボカド ワカモレ

アボカドの美味しい食べごろっていつ?


美味しいアボカドの選び方は、皮が黒くなって少し柔らかくなっているものが食べごろのサイン。ヘタが緑色できれいなものを選びましょう。 でも、アボカドの食べごろって難しいですよね。切ってしまってから未熟や過熟と判明した場合、それぞれ異なる食べ方で美味しくいただきましょう。

★未熟なアボカドは過熱調理:アボカド好き悶絶♪チーズトースト


★過熟なアボカドはスープに:豆乳アボカドスープのレシピ




アボカドの種を活用しよう


普通は捨ててしまうアボカドの大きな種。ところがこの種に水溶性植物繊維が多く含まれていて、ダイエットに効果的なんだとか。「アボカドの種茶」として煮出して飲むことができるそうなんです。 この種茶、作り方は簡単です。取り出した種を包丁で約1cm幅にスライスして、1リットル程度の水で30分煮出して出来上がり。味はプーアール茶に似ているとかで、決して美味しいものではないそうです。気が向いた方はお試しくださいね。 もう一つの種の利用方法が観葉植物として育てること。南米原産ですが、ある程度育てばマイナス5℃程度の耐寒性もあるので、東京でも露地栽培ができるそうなのです。十数メートルにまで成長することもあるそうなので、育ち過ぎには注意が必要ですね。



文責:レイ



バックナンバー

2017年1月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年2月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728