トップコラム > 気分に合わせて飲みたい、ハーブティー

多種多様なハーブティーの中から、気分や体調に合ったハーブティーを選ぶ方法をご紹介します。


自然には不思議な力があり、私たちはいろいろな形でそれを利用しています。良い香りを持つハーブをお茶にして飲むのも、そのひとつ。ハーブティーは香りが良いだけでなく、ほとんどがカフェインレスで刺激が少なく、時間を気にすることなく楽しむことができます。そんなハーブティーを気分や体調に合わせて飲むことで、さらに美容と健康に役立てることができます。今回は、多種多様なハーブティーの選び方をご紹介します。


ハーブティーの種類と効用について


ハーブティーとひとまとめに呼んでいますが、その種類はとても多く、一般的なものだけでもなんと100種類以上。それを1種類のみで飲むと「シングルハーブティー」、数種類を組み合わせて飲むと「ブレンドハーブティー」となります。 また、多くは乾燥させた「ドライ」として販売されていますが、生の「フレッシュ」で飲むことも可能です。ドライとフレッシュではハーブティーの淹れ方が異なります。基本的には多めのハーブをポットに入れ、熱湯を注いでからじっくり蒸らすことでハーブの効能をしっかりと引き出すことができます。



人気のシングルハーブティーとその効能


シングルハーブティーの人気ランキングです。それぞれ異なる特徴を持ち持っています。

▼第1位:カモミール
カモミール
小さいキク科の花を利用します。リンゴのような甘い香りで優しい味わいのハーブティーです。気分を落ち着かせてくれる効果、安眠効果、健胃作用や身体を温める効果も知られています。

▼第2位:レモングラス
レモングラス
レモンの芳香がさわやかで、殺菌作用があるため、インフルエンザや下痢、発熱、腹痛、頭痛といった症状にも有用とされています。この他にも、消化促進・健胃作用、風邪や喘息に効く作用、リンパの流れを改善し新陳代謝を良くする作用、ダイエット効果など様々な効果が期待されています。

▼第3位:ペパーミント
ペパーミント
清涼感溢れる香りで広く知られています。鎮静作用に優れ、気持ちを穏やかにして、リフレッシュできます。消化を助ける働きもあり、アルコールの飲み過ぎ、脂っこい食事の後にも適しています。乗り物酔いなどにも有効なので、ドライブのお供にもおすすめです。

▼第4位:ローズヒップ
ローズヒップ
野バラ、特にドッグ・ローズの実。ビタミンCを筆頭にビタミンA、B1、B2などを豊富に含むため、美容と健康に役立つハーブとして用いられます。風邪や貧血の予防、疲労回復、健康維持、美肌効果、ストレス解消、むくみ解消、コレステロール値の正常化など様々な効果が期待されています。

第5位:レモンバーム
レモンバーム
レモンの香りが爽やかで、消化促進効果があるので食前・食後のティーにおすすめです。イライラや緊張を和らげたい時はアイスで、風邪気味の時はホットで飲むと症状を和らげてくれます。



飲みやすいブレンドハーブティーの選び方


ハーブティーを飲んでみたいけれど、どれを選べばよいか分からない、という人には、美味しくて飲みやすいブレンドハーブティーをお勧めします。

★疲れたりストレスを感じるときに、レモングラス、リンデンフラワー、マリーゴールド等をブレンドした「リフレッシュハーブティー」

★野いちごのほんのりとした甘さに、レモングラスとバーベナのさわやかさがマッチしたリフレッシュティー。午後のおやつに、甘さ控えめのスイーツやフルーツと一緒に「こどものハーブティー“野いちご”」



カフェインについて


コーヒーや紅茶、緑茶と異なるのが、ハーブティーはそのほとんどがカフェインレスということ。だから午後や夜に飲んでも睡眠を妨げる心配はありませんし、妊娠中や授乳中の女性が飲むのにもハーブティーは相応しいのです。 ただ、中にはカフェインを含むハーブも。マテ、また緑茶や紅茶をブレンドしたハーブティーもあります。ブレンドハーブティーを飲む場合は、その中身を確認することが必要です。 栄養価の高いマテをブレンドしたハーブティーは、朝や午前中に飲むのが良いですね。

<カフェイン含有量の比較>
レギュラーコーヒー150ml:100~150mg
紅茶150ml:50~80mg
緑茶(玉露)150ml:150mg
緑茶(煎茶)150ml:30mg
コーラ500ml:50mg
マテ茶150ml:15mg

★ママになりたての女性に欠かせないフェンネルのブレンドティーです。母乳の出をよくする効果が知られるフェンネルに、アニスシードとキャラウェイシードをブレンドしました。
飲みやすく、胃もたれにも良いハーブティー「フェンネルブレンド」



ダイエットにおすすめのハーブティー

ダイエット、特に食事制限を伴うダイエット中におすすめなのが、不足しがちな鉄分等の栄養を豊富に含むネトルやマテを含むハーブティーです。

★マテ茶、ネトル等の栄養価の高いハーブをブレンドした「ダイエットサポート」

ただ、「これを飲めば痩せる」というハーブティーではありません。あくまでも食事の節制と適度な運動とあわせてハーブティーを利用してくださいね。



文責:レイ



バックナンバー

2017年1月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年2月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728