トップ > コラム > あせもについて、その原因と対策、治し方、予防法

あせもの原因と対策、治し方、予防法


暖かくなってくると汗が気になりますね。臭いやべたつき、洋服の汗染み…。
それに赤ちゃんや子どもによくみられる「あせも」ですが、汗をかく季節には大人でもあせもになることがあるんです。
かゆいあせもに悩まされる前に、あせもの正しい対処法と予防法を確認しておきましょう。


「あせも」って何?


蒸し暑い日本の夏。かゆくて赤いブツブツ。こうした一般的な症状を持つのがいわゆる「あせも」、正式には「紅色汗疹(こうしょくかんしん)」です。

夏の暑さや運動による汗のほか、肥満や更年期障害、多汗症や甲状腺機能亢進症といった疾病による汗もあせもの原因となります。 あせもに似た症状で白い水疱ができる「水晶様汗疹」や、汗による肌荒れの場合もあります。長引くあせもが気になる人は、悪化する前に皮膚科を受診すると良いかもしれません。


~あせもができる場所の例~

頭、顔(特におでこ)、首、手、手首、ひじの内側や膝の裏側、お腹



「あせも」の原因って汗だけ?


あせもは汗をたくさんかいた時に、

皮膚の下にある汗の通り道である「汗管」が詰まることにより汗が肌表面に流出できず、たまった汗が皮膚内に残って水疱となり、炎症を起こした状態です。



この炎症が赤いブツブツで、かゆみや痛みを引き起こすのです。
つまり、あせもの原因は「汗をかくから」ではなく、その汗がきちんと流れ出ず、「炎症を起こすから」なんですね。
なお、赤ちゃんや子どもにあせもが多いのは、肌表面にある汗の出口である「汗腺」の数が大人と同じなのにもかかわらず、体の小面積が小さいために汗腺の密度が高いために、汗が流出しきれずあせもになりやすいのです。



早めに対処して治しましょう


あせもはかゆみがありますので、かき壊して化膿させないように早めに対処することが必要です。
そのままにしておくと、とびひ(伝染性膿痂疹)などの皮膚炎の原因ともなりかねません。

塗り薬、とくにステロイド外用薬を使う場合は、薬剤師に使用方法をよく聞いて、正しく使えば早めに治すことができると思います。 とくにアトピー性皮膚炎のある人は、あせもは悪化因子と言われていますので、皮膚科医に相談することをお勧めします。

ベビーパウダーはタルクなどの鉱石や植物のでんぷんからできています。汗腺を詰まらせると逆効果なので、予防には使えますが、あせもができているお肌には使用しないでください。




あせもになる前に予防しよう


汗をかくことは大切で、汗には体温調節をしたり、老廃物を体の外に排出したりする機能があります。

適度に汗をかくことは大人にも子どもにも必要なことなのです。ただ、あせもができてしまっている状態の肌はまず正常に戻すことが先決で、なるべく汗をかかないような生活を心がけましょう。エアコンを使って室温を下げたり、除湿器で湿度を調節すると良いです。

また、汗をかいたらそのままにせず、清潔なタオルでふき取ったり、着替えることが必要です。もし可能ならシャワーで洗い流したりするようにしましょう。また、吸湿性の高い天然素材の衣服を身につけることも効果的です。

お風呂に入る場合は38℃程度の湯温で入りましょう。重炭酸泉「ベビタブbaby tab」は、冷えけでなく、あせもやアトピーなどの敏感なお肌にもお使いいただけます。水道水を中和してやさしいお湯にしてくれるので、湯上りのお肌は保湿しなくてもつるつるしっとり!寒い冬だけでなく、暑い時期にもベビタブで温浴がおすすめです。




簡単!「重炭酸入浴剤ベビタブ」で温活をしてあせも予防しよう!





文責:レイ



バックナンバー

2017年6月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2017年7月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031