トップ > コラム > 何とかしたい!冬の肩こり解消しよう!

何とかしたい!冬の肩こり解消しよう!


厚生労働省の調査でも女性の身体の不調第一位となっている肩こり。肩こりに悩む人はとても多く、国民病とも言われています。肩こりが原因で頭痛や吐き気が起こることも年中肩こりに悩まされている人もいれば、冬場のみ肩こりが発症する人もいます。

しかし、年中発症する人も冬になると特に症状が悪化することも多いようです。
冬場に肩こりが多く見られる原因は何なのでしょうか?その原因と対策を探ってみました。


冬のお悩み「肩こり」、その原因は?


寒いとつい首をすくめて縮こまってしまいがち。
ふと気づくと肩がガチガチに固まってる・・・
なんてこと、ありませんか?

私たちの身体には様々な神経が張り巡らされています。神経は「中枢神経」と「末梢神経」に分けられますが、外部からの刺激を伝える働きを持つのが末梢神経です。

末梢神経は皮膚や筋肉にも通っており、外気が低いと自律神経の働きで血管を収縮させます。すると血流が鈍くなり、筋肉を収縮し、代謝を減らして体温を温存しようとするのです。

<冬の肩こりの仕組み>
・血流が減って筋肉が収縮する。
・筋肉が収縮することで末梢神経が圧迫されて痛みを感じる。
・血流不足により皮膚が乾燥し、末梢神経を刺激する。
・慢性的になると末梢神経が切れ、痛みが長期化する。


女性に多い肩こりを悪化させる習慣とは


冬場の肩こりは寒さによる筋肉の収縮が主な原因ですが、他にもPCやスマホなどを使う場面が増え、端末を身体の前で持つ体勢も筋肉を硬直させる原因となっています。

もともと女性は男性よりも筋肉量が少ないもの。肩や首回りの筋肉量が少なく、また冷えることによって血行不良となり、その結果老廃物が溜まって末梢神経を刺激していると考えられます。 寒い時期に肩こりが増えるのは、肩こりと血行不良が深く関係していることを象徴しているのかもしれません。姿勢の悪さは肩こりを悪化させてしまいます。

肩こりを感じている人の大半が首こりや肩甲骨周りのこりを同時に感じているそうです。 また今まで肩こりと無縁だった方も、産後は抱っこひもや授乳によって肩や背中がつらいな、と感じることがあります。

また、寒いとつい何枚も重ね着をして厚着してしまいがちですが、これも肩こりを悪化させる恐れが。重いコートは肩の筋肉を緊張させ、タイツや靴下の重ね着は身体を締め付けて血流を阻害します。厚着のほか、運動不足も肩こりを悪化させる大きな原因となります。





肩こり解消にストレッチと軽い運動のススメ


血行不良を改善するには、適度な運動が一番です。

皆さん運動不足になっていませんか?

首回りの筋肉を使うことで筋肉内の血流が良くなり、筋力の低下が防げるので、肩こりの予防にもなります。 また、肩の筋肉を覆う「筋膜」に働きかけるストレッチが効果的ですよ。デスクワークの方は仕事の合間に肩甲骨を意識した肩回しがオススメです!ウォーキングをする場合は大きく手を振って歩いてみてください。

肩こりを解消するためにも、ぜひお試しください。

セルフケアが難しい方は、プロの手を借りるのも1つの方法です。
鍼治療は手では届かない奥深い筋肉を緩めてくれる効果があります。同時にお灸をしてもらうことで血行が良くなります。
また、「腕の痛み」や「手足のしびれ」などあまりにも症状が酷い場合は、病気が隠れている可能性も考えられるので整形外科や整骨院に相談してみることをオススメします。


こちらもチェック
↓↓↓↓

ラジオ体操ってやっぱりすごい!気になる効果は?


ためしてガッテン筋膜ストレッチ体操






肩こり解消に!おすすめグッズ3選


1◆ まずは肩や首回りを温めて血行促進してくれる首元用カイロ。
レンジで繰り返し温めて使えるカイロや湯たんぽが、ドラッグストアの店頭で千円台で気軽に買えるのでおすすめです。

2◆ ツボ押しグッズ。
人に頼まなくても、自分でツボ押しできるグッズが様々あります。お風呂の中で使えるツボ押しグッズもあります。肩こりに効くツボには「百会」「天柱」「肩井」などがあり、これらのツボを気持ち良いと感じる程度までグッと押して離す、これを繰り返すと効果的です。

3◆ 最後に、昔は大きくて高かったマッサージ椅子ですが、今はクッション型が普及して入手しやすくなりました。マッサージ器のメリットは、肩だけでなく背中や腰など、広い部位をもみほぐしてくれること。肩をピンポイントで揉むより肩こり解消・改善につながりますよ。

4◆温浴効果を高めてくれる入浴剤を入れて湯船に浸かること。
41℃以下のぬるめの湯に重炭酸入浴剤を入れてゆっくり入ると、温浴効果で凝り固まった筋肉をほぐし、血流がよくなり睡眠の質もグッと上がります!
逆に42℃以上の熱い湯で短時間入浴は日中に働く交感神経にスイッチを入れてしまうのでオススメできません。




簡単!「ホットタブ重炭酸湯」で
肩こり解消


肩こりには血行の改善が大切です。

つまり、とっても簡単で効果的な方法がお風呂でじっくりぬるめのお湯で温まること。
そこでおすすめなのが「薬用ホットタブ重炭酸湯」です。

温浴効果によって冷え症・肩こり・腰痛・神経痛などを解消してくれます!北川景子さんや大地真央さんも愛用していることで話題になった入浴剤です。エステ効果もあってお肌ツルツル♡まさにオトナ女子にぴったり!この冬を元気に乗り切りたい方はぜひ試してみてくださいね!




悩む前に・・・その肩こり、予防しよう



ここまで肩こりについて述べてきましたが、肩こりがひどくなる前に予防するのも一手です。

運動もその一つですが、猫背にならないよう正しい姿勢で過ごすことやデスクワークが多い人は、同じ姿勢で長時間いないように適度に身体を動かすこと、 イスや背もたれの高さを自分の体格に合わせることが大切です。

また、身体を特に肩を冷やさないよう、上着やブランケットを肩にかけるなど意識すると良いです。

自分に合った枕を選んで質の高い睡眠をとることもお勧めですよ。



文責:レイ



バックナンバー

2017年6月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2017年7月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031