トップ > コラム > 冷え性を改善

冷え性改善☆この冬こそ冷え知らずのぬくぬくボディを手に入れる!

今すぐ出来ること

女の子に多い冷え性
平熱が35度台という低体温の人も増えています。

その「冷え」、そのままにしておいて大丈夫?

冷え性」には、身体のダルさや顔色の悪さといった美容面でのデメリットのみならず、
実は健康面でも多くのデメリットがあるんです。

冬の寒さはもちろん、夏にはエアコンの効いた涼しい部屋と暑い外気との気温差による自律神経の乱れや、冷たい飲み物や食べ物による内臓の冷えで、一年中冷えている人が多いんです。 夏バテや肌荒れも実は冷えと深く関係しているんですよ! お腹や足首は冷えていませんか?冷たい身体じゃデートも楽しめませんね。

冷え性」の原因と、効果的な低体温の改善方法や対策についてご紹介します。


現代の日本人は冷えている!

日本人は冷えている
私たち日本人の平均体温は、1957年の東京大学の調査結果によると10~50歳代の男女の平均で36.89度でした。
ところが現在では平熱が36.2~36.3度まで下がっており、35度台の低体温に陥っている人も少なくありません。

今では"子供の冷え性"という言葉まで聞こえてくる時代になってしまいました。1度の体温低下で基礎代謝量は約12%落ち、免疫力は30%以上低下することが分かっています。

■身体が冷えると・・・
血管が収縮 → 血行が悪くなる → 代謝が落ちる → 排泄能力が下がる → 老廃物がたまる → 体調不良 → 病気の原因に!

■冷えからくる主な症状
赤ら顔、歯茎の出血、頻尿・欠尿、貧血、むくみ、目の下のクマ、鼻血、手足のしびれ、消化不良、月経痛/月経不順、不妊、腰痛

体温35度ではがん細胞がもっとも増殖すると言われています。
実は健康な人でもがん細胞は毎日5000個もできているとか。血行不良で白血球の働きが鈍い状態では免疫システムが正常に働かず、やがて発病してしまう恐れがあります。

逆に、冷え症を治すことで免疫力を上げることができます。
免疫力とは、体内に侵入する病原体などの外敵と戦い、体の機能を維持しようとする自然治癒力です。主力となるのが白血球で、体温が上がると活性化します。
風邪をひいたときに熱が出るのは、この白血球の働きを高めるための自己防衛反応なのです。


また、冷えている人は"自律神経を整えること"も併せて意識するのがオススメです。

こちらもチェック
↓↓↓↓

自律神経を整えるために今すぐできる3つの方法

「低体温」の原因は?

低体温
身体の中で熱を作り出す最大の器官は筋肉です。
次いで二番目に肝臓、三番目に胃腸が熱を作ります。
運動によって体が温かくなるだけでなく、食事をすると体がポカポカしてくるのは肝、臓や胃腸が活発に動いて熱を作っているからです。

現代人は便利な生活やネット社会の発達で、慢性の運動不足に陥り筋肉量が不足しています。

<冷え症の主な原因>
・筋肉量が少ない
・自律神経の乱れ
・食生活の乱れ
・きつい下着などの締め付けによる血行不良
・低血圧や貧血などによる血行不良

また、やせ過ぎ、ストレス、夏場の冷房、薄着、バランスの悪い食事、身体を冷やす食べ物の摂り過ぎ、 喫煙、シャワーのみの入浴といった生活習慣のほか、甲状腺ホルモンが不足している場合もあります。


タイプ別冷え症チェック:あなたはどのタイプ?

冷え症と言ってもその状態は様々です。大きく分けると4つのタイプに分けられます。

1.手足末端型冷え症(交感神経が優位になっているタイプ)
いわゆる寒がりで、低血圧や貧血があり、胃もたれしやすい、食が細いなどが特徴です。

2.内蔵型冷え症(副交感神経が優位になっているタイプ)
平熱が36℃以下で、風邪をひきやすい、便秘・下痢をしやすい、腰やお腹を触ると冷たいのが特徴です。

3.下半身型冷え症(代謝が悪い、冷えのぼせタイプ)
ふくらはぎが重い、午後になると足がむくむ、汗をかきやすい、めまいがする、冷たいものが欲しくなるなどが特徴です。

4.混合型冷え症(1~3が混ざったタイプ)
夏でも靴下をはかないとつらい、夜中に何度もトイレに起きる、不眠気味、血糖値が高いなどが特徴です。

若い頃は比較的軽度な末端型冷え症でも、年齢とともに体質が変わって、より自覚しにくく改善しにくい内蔵型冷え症等に変わることも多いのです。少しでも早く冷え症を改善しましょう。

それって逆効果!間違えた“冷え症対策

冷え症の対策として自己判断でやっていたことが、実はNGかもしれません。
一番多いのが「靴下の重ね履き」。確かに靴下は足を温めますが、寝ているときの靴下はNGです。血行を悪くしてしまうのでさらに「冷え」を増長させる恐れも。 また、汗をかいた靴下をそのままにしておくと、さらに冷えてしまう原因になります。

これから冬本番、寝るときに電気毛布をつけたままはNGです。寝る前に温めるだけにして、湯たんぽを使うようにしましょう。

冬の足元はブーツに決まり!という人も、締め付ける形のブーツは血行不良を招きます。少しゆったりした形のブーツにするか、オフィスなどでは履き替えましょう。

寒い冬には熱いコーヒーで身体を温める!というのもNGです。コーヒーは身体を冷やす飲み物だからです。また緑茶も身体を冷やす飲み物です。冷え症対策には紅茶、ほうじ茶、ココアをお勧めします。 また、冷え症に良いとされるハーブティーもおすすめですよ。

★冷え症に良いハーブ:サフラン、エルダーフラワー、レモンバーム、ローズマリー
寒いときは熱いお風呂で一気に温まる、というのもやりがちな間違え。ぬるい湯温でじっくりと温まるのが正しい入浴法です。



体温を上げて免疫力UP!

体温を上げる

体温が上がると血液の流れがよくなり、免疫力が上がります。
免疫力とは、体内に侵入する病原体などの外敵と戦い、体の機能を維持しようとする自然治癒力です。
主力となるのが白血球で、体温が上がると活性化します。

風邪をひいたときに熱が出るのは、この白血球の働きを高めるための自己防衛反応なのです。


免疫力を上げるために、身体を温めて体温を上げる6つの方法をご紹介します

hie5

◆運動◆
週2、3回、一日30分以上の運動をするように心がけましょう。毎日30分のウォーキングやストレッチをしましょう。それに加えてスクワットをすれば、太ももの大きな筋肉を鍛えることで体温上昇と血行UPが期待できます。

◆ストレス発散◆
ストレスは血管を収縮させます。リラックスが一番!
ストレス緩和に「GABA」の摂取もよいですね。玄米やトマトに多く含まれています。

◆禁煙◆
タバコの害は気管支のみでなく、血管を収縮させたり詰まらせたり、さまざまな病気の原因に。
さらに病気になった時の回復の妨げになります。喫煙中の方は、節煙ではなくぜひ禁煙しましょう。

◆食事◆
身体を温める食事を心がけましょう。身体を温める食材(ショウガ、魚介類、肉類、etc.)と
体を冷やす食材をバランス良く取り入れ、ゆっくりと噛んで食べること、腹八分目にとどめることがとても大切です。

人は大昔から飢餓状態には耐性がありますが、飽食状態には対処するすべがなく、糖尿病や高脂血症、高血圧など様々な生活習慣病が発生すると考えられます。

◆鍼灸◆
西洋医学には冷え性という病名はありません。
しかし、鍼灸や漢方などの東洋医学では「冷えは万病の元」とされています。「気」「血」「水」この3つが身体のバランスを取って健康を保っています。
薬を使わずにツボにアプローチすることで、自然治癒力を高めてくれます。

◆入浴◆ <おすすめ!>
身体を温めるためにはシャワーで済ませず、毎日お風呂に浸かりましょう。
特に薬用ホットタブ重炭酸湯での温活がもっとも簡単でおすすめです。

ぬるめのお湯(37~40度)で15分以上じっくり浸かるとよいです。ホットタブは身体をポカポカ温めてくれる うえに、お肌をツルツルにしてくれます。
長湯が苦手な人は、半身浴や足湯がオススメです。
お風呂に入るだけで美と健康を同時にケアできるのですから、こんなに簡単なことはありません。
また、湯船にゆったり浸かることで睡眠の質を高めることが期待できますよ☆






文責:レイ



バックナンバー

2016年11月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
2016年12月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031