トップ> コラム> 妊娠中の冷えにご注意!妊婦さんの冷え症、原因と対策は?

妊婦中の冷えにご注意!妊婦さんの冷え症、原因と対策は?

 

 

妊娠中は体温が上がり暑いと感じやすくなるため、下半身や手足の冷えに気づきにくくなります。

しかし娠中の冷え性は、産に悪影響を与える可能性もあるため、意識的に冷え対策をしておきたいものです。

 

そこで今回は、冷え性原因や、妊娠出産への影響冷え症対策について解説します。

 

 

妊婦が冷え症になる原因は?

 

 

冷え症とは、一般的に「身体の一部や全身が常に冷たく、つらく感じる症状」のことを指します。

 

もともと女性に多いと言われている冷え症ですが、妊娠するとさらにこの冷え症に悩まされる人が増えるそうです。その原因としては、次のようなものがあります。

 

 

・女性ホルモンや自律神経の乱れ

 

ホルモンとは、身体のさまざまな働きを調整する物質です。妊娠すると、子宮や母乳に関する女性ホルモンが乱高下を始めます。ホルモンバランスが崩れると、体温調節がうまくいかなくなり、身体は暑いのに末端は冷たい、といった冷え症の症状を引き起こす場合があります。

上半身は暑いのにおなかを触ると冷たいといった症状が現れたりします。

また、つわりや体調の変化といったストレスにさらされることで自律神経が乱れ、血管が収縮し、身体が冷えやすくなることもあります。

 

 

・血行不良

 

お腹が大きくなってくると、お腹を突き出すような姿勢になりがちです。姿勢が悪いと、腰や足のつけ根に負担がかかり、血のめぐりも悪くなります。その結果、冷えを感じやすくなるのです。

 

また、妊娠中は身体のラインが大きく変わります。体型に合っていない下着を使い続けて、身体を締め付けてしまうのも、血行不良の一因になります。

 

 

・運動不足

 

妊娠によって具合が悪くなったり、赤ちゃんへの影響が気になったりして、運動不足になってしまう妊婦さんは多いものです。

運動量が減れば、それだけ筋肉量も減ってしまいます。血液を循環させる力が弱くなってしまうため、冷えやすくなってしまうのです。

 

 

・体感温度の変化

 

妊娠中は高温期が長く続くこともあり、顔や身体が暑いと感じることも多いものです。しかし暑いと感じるからといって、クーラーの設定温度を極端に下げて過ごしたり、冬場でも薄着をし過ぎたりすると、必要以上に体温が下がってしまう場合があります。

 

 

 

冷え症になると母体や出産に影響は出る?

 

 

冷え性がひどい場合、母体や出産に次のような影響があるといわれています。

 

・母体への影響

 

妊娠時のマイナートラブルとして、お腹が張る、足がつる、足がむくむ、腰が痛むといったものがあげられますが、これらの症状を、冷え性は悪化させる場合があります。

 

 

・出産時の影響

 

妊娠後期に冷え性だった妊婦は、冷え性ではない妊婦と比べると、早産になったり、お産に時間がかかりやすくなったりするといった、出産時の異常が起こりやすいという研究結果があります。

 

参考:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjam/27/1/27_94/_pdf

 

 

 

・慢性的な冷え症が産後も残ってしまう

 

妊娠中の冷えを放置していると、産後も慢性的な冷え性が残ってしまうことがあるようです。

 

「冷えは万病の元」とも言われるもの。頭痛や下痢といった冷えからくる症状を招かないためにも、妊娠中の冷え症にはしっかりと対策を講じたいものです。

 

 

 

妊婦の冷え症対策でおすすめなのは?

 

 

妊娠中の冷え症対策としては、次のようなものがあります。

 

 

・身体を冷やさない服装を心がける

 

寒い季節はもちろんですが、暑い季節でもクーラーで冷えすぎないよう、服装で体温を調整しましょう。

 

冷え性対策としては、手首足首という3つの「首」温めると効果的です。首元はマフラーやスカーフ、手首はハンドウォーマー、足首は靴下などを着用して保護します。

 

 

身体を締め付けて血行を悪くしないように、下着やタイツなどはマタニティ用のものを利用し、腹巻をする場合は十分な伸縮性があるものを選んでくださいね。

 

 

 

・身体を温めるものを食べる

 

東洋医学では、食べ物には身体を温めるものと、冷ますものがあるといわれています。冷えが気になるという方は、身体を温める食材を選んでみましょう。

 

身体を温めてくれる食べ物の見分け方として、次のような特徴があります。必ずしも全てがこれにあてはまるわけではありませんが、参考にしてみてください。冷え症改善には、身体を温める食材を、加熱調理して食べるのがおすすめです。

 

 

身体温める食べ物の特徴>

 

土の中で育つもの

 

寒い国で育つもの

 

冬に旬を迎えるもの

 

発酵しているもの

 

 

また、暑い時期はどうしても冷たい飲み物を大量に飲んでしまいがちですが、無理のない範囲で、常温の飲み物や、温かいハーブティーなども試してみてくださいね。

 

 

 

・適度な運動をする

 

軽い運動をして血行を促すことも冷え症には効果的です。

 

体調に問題がなければ、マタニティヨガやマタニティスイミングなど、専門のクラスに通うのも良いでしょう。近所を散歩する程度でもかまいません。気持ちが良いと感じる範囲で、自宅でストレッチをするのもおすすめです。

 

 

 

・入浴する

 

冷え症の原因として自律神経の乱れや血行不良があげられますが、その両方にとても効果的なのが入浴です。

 

妊婦はのぼせやすくなっているので、熱いお湯は避け、ぬるめのお湯でゆっくり半身浴をしましょう。

 

湯冷めすることのないよう専用の入浴剤を利用すると、より高い効果が期待できます。例えば、「血流を上げる」ことを目的とした重炭酸入浴剤の『ベビタブ』を使えば、36℃~40℃のぬるめのお湯でも、身体がぽかぽかと温まります。

 

つわりや体力の低下などで入浴が難しい場合は、大きめの桶などにお湯をはり、足浴をするのもおすすめですよ。

 

 

・お灸&鍼治療

妊娠中のさまざまな不調には、鍼灸が効果的と言われています。

ツボを温めたり、刺激することで不調を緩和する効果があります。

ただし、自己判断で行うのはNG!陣痛を誘発してしまうツボ等もあるため危険です!

必ず担当の先生に相談し、セルフでは行わずに専門医に施術してもらいましょう。

 

 

冷え症を改善して快適なマタニティライフを!

 

 

妊娠中はホルモンの変化や皮下脂肪が増えることにより、暑さを感じることが増えます。しかし暑いのは上半身だけで、手足が冷え切っているということも多いものです。

 

自覚症状が薄いまま、薄着で出歩いたりクーラーを使い過ぎたりして冷え症を悪化させると、妊娠中のマイナートラブルを招いたり、出産時に影響が出たりする可能性もあります。

 

食事や入浴など生活習慣を見直して、妊娠中の身体も温かく保てるよう心がけたいですね。

 

 

mamaライター : 青海 光

 

 



バックナンバー