トップ> コラム> お風呂の塩素除去。今日からできる簡単な方法!

塩素ってカラダに悪いの?

私たちが料理や手洗い、お風呂に洗濯にと毎日使っている水道水。当たり前のように水道水を信頼して使っていて、多くの人はその安全性をそれほど意識していないと思います。

 

一方、水道水をそのまま口に入れる人は少なくなっていて、ネットの調査では過半数の人が浄水器を使ったりペットボトルのミネラルウォーターなどを買っていることが分かっています。

その理由は味やニオイに対する不満が大きく、いわゆる「カルキ臭」として水道水の悪いイメージにつながっています。

 

今回は水道水とカルキ(残留塩素)について掘り下げてみます。

 
 

 

 

その乾燥やかゆみは塩素のせいかも?

皆さんは毎日の入浴(お風呂)どうされていますか?

 

何気なく使っているお風呂のお湯には「塩素」が入っています。敏感肌のお子さん、また大人でも、この塩素が刺激になってしまうことがあります。

ここで気をつけて欲しいのが一番風呂です。一番風呂ってすごく良いイメージですが、塩素がたっぷりの状態なので、とても良いお湯とは言えません。一番初めに入った人が一番塩素を肌に吸収してしまうからです。

入浴剤やビタミンC粉末などを使い、対策をするのが手軽です。

 

 

敏感肌の人や赤ちゃんや子供は、肌の厚さが薄く健康な肌状態の人と比べると刺激になる可能性が。

塩素によって肌が乾燥しやすくなり、かゆみの原因にもなります。

また、髪へダメージを与え、パサついた感じがする場合もあります。シャンプーやトリートメントを変える前に水の質に目を向けた方が良さそうです。

 

お子さんがいるご家庭では夏はプールの時間がありますよね。

保育園や学校でのプールに入った日は、髪や体に塩素を残さない為にもしっかりと洗い流してあげるようにしてみてください。

 

 

 

塩素だけじゃない!洗い過ぎないことも重要です。

 

 

Point①


寒い日は、お湯の温度を高めにして、ついつい熱い湯船で温まりたくなってしまいますが、熱いお湯は皮脂を取りすぎてしまい乾燥に繋がります。

また、子供は大人よりも体温が高いので、大人のちょうど良い熱さのお湯では熱いと感じている場合があります。

理想的な温度は 夏:37℃〜39℃、冬:40℃までにしましょう。

 

 

Point②


石鹸・シャンプーなどの化学洗剤(肌バリア崩壊)

石鹸やシャンプーを毎日使って清潔にしている私たちですが、冒頭でも書いたように「洗い過ぎ」が乾燥肌の原因になっている可能性があります。

タモリさんや福山さんが石鹸を使っていないということは有名なお話ですよね。

 

 

Point③


実は、毎日石鹸やシャンプーを使わなくても、汗などの汚れは水溶性なので湯船にゆったり浸かれば十分に落とすことができます。

とは言っても、いきなり止めるのは抵抗があると思うので週に何回かはお湯だけで洗ったり、汗をかいた日は石けんを使う!

など自分に合った方法を見つけてみてくださいね。

 

石けんを使う場合は、アミノ酸系のボディソープや石けんや、赤ちゃん用の石けんやベビーソープの方がやさしい成分で出来ていオススメです。

 

 

 

 

塩素のメリット&デメリット

諸刃の刃のような塩素を使用するメリットとデメリットをまとめてみました。

 

<メリット>


・強い殺菌力

・水に残留し持続して殺菌できる

 

 

塩素には強い殺菌力があり、ウィルスや細菌の感染力をなくし、殺菌する効果が期待できます。水道施工法でも「給水栓における水が、遊離残留塩素を0.1mg/L(結合残留塩素の場合0.4mg/L)以上保持するように塩素消毒をすること」と定められています。

 

塩素で消毒することで、飲料水としての安全性が確保できるためです。

 

 

<デメリット>


・匂い(カルキ臭)が気になる

・残留塩素からトリハロメタンが生成される

・塩素そのものが人体にとって有害

 

 

塩素に含まれる独特の匂いがカルキ臭です。

水道水の味や匂いは以前より改善されたものの、気になる人は多いです。

 

トリハロメタンとは塩素消毒の際にできてしまう化合物のことで、発がん性が指摘されています。

また、塩素そのものも大量に摂取すると喘息などを引き起こす可能性もあります。

 

 

 

 

 

お風呂の残留塩素を取り除く方法

水道水中の「残留塩素」は日本ではWHOの基準よりも厳しく設定されていて、人体に悪影響を及ぼすほどではありません。ただし、水道水でお米を炊くと残留塩素によりビタミンB1が破壊される恐れもありますし、髪や皮膚は残留塩素によってダメージを受けます。

 

また、アトピーなどの皮膚疾患がある方、赤ちゃんや子供は大人よりも肌が薄く、乾燥しやすいため塩素対策をすることをおすすめします。

 

そこでおすすめなのが「ベビタブ」で残留塩素を取り除くこと。

重曹とクエン酸とビタミンC(アスコルビン酸)から作られた自然派に嬉しいタブレット状の浴用剤です。

 

 

この重炭酸入浴剤は、重炭酸温浴で身体を芯から温めたり、お肌の老廃物をやさしく落としてくれるだけでなく、残留塩素を瞬間中和除去し、ゼロにしてくれます。肌に刺激となる香料や着色は使用していません。残り湯洗濯にも使えて経済的です。

1錠で残留塩素ができ、3錠入れると石けんやシャンプーをしなくてもお肌がツルツルに

また、何度でも沸かしなおして入浴ができて経済的です。

 

別売りシャワーヘッドをつければシャワーの塩素除去も可能です。

カートリッジ式でなく、使い切りタイプなので衛生的です。

 

🔽 重炭酸スパークリングシャワー 6600円(税抜)

 

 

 

 

 

 

塩素を除去したシャワーで髪を洗うと髪の毛がしっとりとまとまります。

また、お風呂上がりにカサカサな乾燥肌にすぐ戻ってしまう私ですが、

しっとりとしていて肌に潤いを感じました。

 

 

🔽 家族のための入浴剤「ベビタブ」 1200円~(税抜き)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家中の水をすべて浄水器で浄水する方法があるようですが、初期費用のほかにカートリッジの定期的な交換で膨大な費用がかかるため、続けられなくなるという声を聞きます。

調理や飲み水は浄水器やペットボトルを活用して、お風呂はベビタブで塩素を除去、というのが現実的な方法ではないでしょうか。

 

湯船に入ったり、シャワーを浴びるのは毎日のこと。

赤ちゃんや子供の大切なお肌を守るために、ちょっとした一手間で守ってあげたいものですね。

 

 

 

文責:レイ



バックナンバー