トップ> コラム> 子供と使える、ママにも優しいスキンケア5選
 
子どもの肌はとってもデリケート。ちょっとしたことで荒れたり、カサカサに乾燥したり、虫刺されや日焼けなどの肌トラブルもつきものです。でも子ども専用のスキンケアアイテムを使うのは手間で…そんな方におすすめしたいのが、ママと共用できるものを使うこと。お風呂上りや気になるタイミングでママと子ども一緒のアイテムを使えば、コミュニケーションにもなって一石二鳥です。今回はママと子どもで一緒に使いたい、おすすめのスキンケアアイテムをご紹介します。
 
  
 
 

 オーガニックの日焼け止め&虫よけスプレー

 
夏から秋口にかけての外出時に心配なのが、日焼けと虫刺されですよね。特に蚊はデング熱やジカウイルスなど恐ろしい病原菌を媒介する可能性があるので、虫除けは必須です。でも、じっとしていない子どもと自分に日焼け止めクリームと虫除けスプレーの2種類を数時間ごとに塗るのって大変。つい面倒になってしまう…なんて声も聞きます。
 
 
 

 

http://sincere-garden.jp/

そこで使いたいのが日焼け止めクリームと虫除けスプレーが一緒になった、虫の嫌がるアロマを使った日焼け止めです。シトロネラというレモンに似た柑橘系のアロマは蚊が嫌う香りで、デオドラント効果や消毒効果もあります。

 

 

 

アフリカ生まれの万能薬「シアバター」

アフリカの大地で育つシアの木の種子から採れる植物性油脂シアバター。昔から傷薬や日焼け止め、かゆみ止めなどにきく万能薬として活用されてきました。

 

http://www.jujubody.com/SHOP/shea_b_25.html

シアバターの主成分はステアリン酸やオレイン酸、その他の脂肪酸で、人の皮膚と似た成分のため肌になじみやすく保湿が続きます。また抗酸化作用があるため、乾燥から肌を守ってくれます。

使い道も様々で、一般的なクリームとして保湿後の肌に塗ったり、ハンドクリームやリップクリーム、ヘアワックスとしても使えます。ほかのオイルやアロマと混ぜて使うこともできます。

 

 

 家族みんなで使える重炭酸入浴剤「ベビタブ」

 
デリケートな乳幼児からママ&パパ、家族みんなの健康維持におすすめなのが、重炭酸入浴剤ベビタブです。
 
 
水道水に含まれる残留塩素を取り除いてやさしい水にしてくれます。また、石鹸やシャンプー不要の洗浄力があるのもうれしいです。
お肌の乾燥は洗いすぎから来ていると言われています。ベビタブなら泡で洗わず入るだけでOK!
 
お風呂好きの日本人なら、ベビタブの良さを実感できるはず!!ベビタブのブランドページには開発者の声やお医者さんの声、温泉ソムリエの声が載っていますので気になる方はチェックしてみてください。ブランドページ: https://www.babytab.coni-coni.com/
 
▼重炭酸入浴剤「ベビタブ」購入ページ
 
 
 
 
 

 肌荒れやあせもに「ももの葉ローション」

 
まずはおばあちゃんの時代からある、懐かしの「ももの葉ローション」です。
 
近所のドラッグストアで気軽に手に入ります。ももの葉ローションに含まれている桃の葉エキスには抗炎症作用があるため、昔からあせもや皮膚炎に使われてきました。また、アラントインという成分には細胞を再生させる効果があることから傷の治療に活用されており、皮膚の炎症、ヘアケア、日焼け後のスキンケアにも使用できます。
 
 
 
 ももの葉ローションはさっぱりとした使い心地で、特に夏のあせも対策に使われることが多い反面、乾燥が気になる部分や冬の保湿にはあまり向いていません。
ただし、ももの葉ローションにはパラベンと防腐剤が含有している場合がありますので、敏感肌の人は気をつけてくださいね。
 
 
 
 
 

 高純度のワセリン「プロペト」

 
ワセリンから不純物を取り除いて精製されたプロペトは、小さな子どもから大人まで、誰もが使える保湿剤です。顔、特にまぶたや目元などに皮膚が薄く敏感な場所や粘膜にも使えます。
 
 
 
 
プロペトの特徴は、皮膚にバリアを張ること、低刺激性などが挙げられます。赤ちゃんの顔や傷口にも使えますし、目の中に入っても大丈夫なほど安全です。プロペトは水分を通さないので、お風呂上りやローション等で保湿をしてからプロペトを使うと水分の蒸発を防ぐことができます。また、ステロイド剤など他の軟膏と混ぜることもできます。アトピー肌の保湿にもおすすめ。
 
気をつけたいのはプロペトだけを塗って紫外線に当たること。日焼けや色素沈着の恐れがあります。
 
ドラッグストアで買えるワセリンとは異なり、プロペトは処方箋が必要ですが、プロペトホームという市販薬は薬剤師のいる薬局で直接購入できます。
 
 
 

 

文責:レイ

 

 



バックナンバー