トップ> コラム> 上司に喜ばれる出産祝いとは?おすすめプレゼントと渡す時のマナー

【上司に喜ばれる出産祝いとは?おすすめプレゼントと渡す時のマナー】

 

職場の上司に赤ちゃんが生まれたら、どんなプレゼントを渡せばいいのか悩みますね。渡す時期や手紙のマナー、金額相場、どんなものがプレゼントとしておすすめか、体験談も交えてご紹介します。

 

 

 

◆出産祝いを渡す時期◆

 

 

まず、お祝いを渡すのはいつ頃がいいのでしょうか。まず避けなくてはいけないのが、出産前です。女性の上司の場合は、産休に入る前に職場で手渡しした方がいいかも、と考えてしまうかもしれませんが、出産では何が起こるかわかりません。同様の理由で、産後1週間ほども避けた方がいいです。母子ともに健康に退院したことがわかってからにしましょう。

 

産後1週間~1ヵ月くらいが渡す時期として最適ですが、もちろんこの時期を過ぎてしまっても失礼にはなりません。もし半年以上経ってしまった場合は、クリスマスやこどもの日などに合わせてプレゼントするのもいいですね。

 

 

 

◆出産祝いを渡す場所

会社の上司が男性なら職場で直接お祝いの言葉とともに渡すのがいいでしょう。

上司が女性なら、宅配便での発送をおすすめします。女性は実家に里帰りする方も多いので、事前に送付先は聞いておきましょう。直接病院に行ったり、自宅に押し掛けるのは迷惑になります。特に産後は赤ちゃんのお世話が大変で、メイクなどの身だしなみすらできないことも。そんな状態で職場の人と顔を合わせたくありません。宅配便がベストです。

 

◆出産祝いの予算はいくら?相場は?

 金額相場は、1人3,000~5,000円が相場とされています。特にお世話になっている場合には、1万円という方もいるようです。個人でプレゼントを購入することもあれば、同じ部署内で何人か持ち寄って購入することもあります。

 

 

 

 

現金や商品券を渡してもいいの?

 

 

 

プレゼントよりも、現金や商品券の方が喜ばれるのでは?と思う人もいらっしゃるかもしれません。実は目上の人に現金や商品券を渡すことはマナー違反なのです。これでなにか好きなものでも買って、という上から目線の行為が失礼にあたります。できればプレゼントを用意しましょう。

 

 

 

 

【おすすめのプレゼント】


 

では、どのようなプレゼントなら喜んでもらえるのでしょうか。私自身、出産後いろいろな方から出産祝いを頂きましたが、ずばり言うとこちらです。「自分ではちょっと高くて買えない、記念になるもの」やはりお祝いの品ですから、後から見て「ああ、これ出産した時もらったけど、まだ使えてる。うれしいな」と思えるものがベストです。ではどんなものがいいのか見てきましょう。

 

 

 

 

◆おむつケーキ◆

 

 

すっかり出産祝いとして定番となったおむつケーキ。知らない方のためにご説明すると、おむつを土台にしてケーキに見立て、赤ちゃんのおもちゃやタオルなどをケーキの飾りに見立てたものです。見た目の華やかさもあり、しかも必需品の紙おむつは実用性もばっちり。少し大きいMサイズくらいのオムツであれば、産後数ヵ月は飾って、Mサイズになる頃にばらして使えます。

 

おむつケーキはネットショップで購入できます。どんな飾りを乗せるかによって、価格帯も安いものから高いものまで幅広く選べます。ハンドメイドでも意外に簡単にできますよ。私も友人のお祝いで何度か作ったことがありますが、とても喜ばれました。

 

 

 

 

◆おもちゃ◆

 

赤ちゃん用のおもちゃは、お店で買うと案外高いものです。ちょっとしたガラガラでも1,000円近くしていたりします。特に口に入れても大丈夫な木のおもちゃや、オーガニックコットンのおもちゃなどは値段が張るもの。かわいらしい、素材にこだわったおもちゃならお母さんも安心で喜ばれます。

大きめの木の積み木は大きくなってからも長く使えるし、おすすめです。

 

もし二人目のお子さんの出産祝いなら、上の子用のおもちゃも一緒にプレゼントすると気が利くと思われるかもしれません。私の場合、二人目の出産祝いに、二人分のおもちゃを頂いたんですが、ちょうど上の子が里帰りで飽きている頃だったので、新しいおもちゃに目を輝かせていたことをよく覚えています。

 

 

こちらがその木でできた時計のおもちゃ。上の子がちょうど時計に興味を持つ年齢でしたのでお勉強にもなりました。型はめパズルにもなるし、気に入ってよく遊んでいました。

 

 

 

◆ベビー服◆

 

ベビー服もお祝いの定番ですが、本当に子供は洋服をよく汚すのでうれしいものです。新生児はサイズ50くらいですが、すぐにサイズアウトして着れなくなってしまいます。特に月齢が小さいうちはそこまで外出しないので、プレゼントするなら70~80サイズをおすすめします。

 

 

出産当時、夫の部下の皆さんから頂いたのはコムサデモードのベビー服一式でした。上下がつながったロンパースの他に、同じデザインのスタイ(よだれかけ)、帽子もセットになったおしゃれなものです。普段は汚すのでよれっとした服が多かったですが、おでかけの時や友人に会う時は赤ちゃんもおしゃれに見せたいもの。そんな時、お祝いで頂いた服が大活躍でした。

 

おすすめは人気ブランドの、プチバトー、ポンポネット、ラルフローレン、ファミリア、ミキハウスなどです。いいブランドの服は肌触りよく、長持ちするので喜ばれること間違いなしです。

 

ただ気を付けるのは、派手なデザインや色は避けること。できるだけシンプルな色やデザインを選んだほうが、結局好みに合わなくて着せなかった、なんてことになりません。

 

 

 

 

◆タオル◆

 

 

タオルというと実用的なイメージがありますが、好みにあわない、使わないという方はあまりいないのでプレゼントには最適です。お風呂上りの赤ちゃんは、柔らかいデリケートな肌をそっと優しく拭いてあげたいもの。オーガニックコットンのタオルは、質がいいとわかっていても高くて自分で買うのはちょっと、という方も(まさしく私です!)。上質なものをプレゼントで頂けるとうれしいですね。私は今治タオルのセットを頂きましたが、数年経ってもまだ使用しています。

 

ブランドによっては、バスタオル、フェイスタオル、ハンドタオルなどがタオルセットになったものや、子供向けの柄が付いたギフトタオルもあります。家ではもちろん、保育園や幼稚園に行っても使えますね。

 

 

 

 

【ママが喜ぶもの】

 

 

 

ここまでは赤ちゃんメインのプレゼントを紹介しましたが、他のみんなとプレゼントがかぶりたくない方もいるでしょう。それなら、赤ちゃんではなく、出産したママへのプレゼントをあげるのもいいですね。

 

たとえば、ノンカフェインのハーブティー。慣れない子育てで疲れた時に、ちょっと一息ついてほしいという想いが伝わってきます。他にもママにも赤ちゃんにも使えるようなグッズやスキンケ用品でも良いかもしれませんね。ボディケアなら無香料のボディクリームもいいですね。

 

私はSABONのボディクリームをお祝いで頂きました。SABONは高い!というイメージがあったのでとてもうれしかったです。赤ちゃんでも使えるタイプでしたので、安心して塗ってあげられ、ついでに自分のボディケアもできて一石二鳥でした。

 

 

 

◆その他のプレゼント◆

 他にも赤ちゃん用カタログギフト、赤ちゃんのお世話セットが入るような大きなマザーズバッグ、離乳食が始まった時に活躍するフードプロセッサー、写真立てなども喜ばれます。

 

 

 

【これは困るというプレゼント】

 

 

逆にもらったら困るプレゼントもご紹介します。

 

それはプレゼントの定番、お菓子です!甘いものが好きだったから、疲れた時に食べてもらえるように、と思うかもしれません。実はお菓子は母乳育児には大敵。特にちゃんとしたお菓子ブランドのものは、チョコやクリームなど贅沢な素材が使われていることも。

 

お菓子のような糖質が多く含まれるものは、母乳の出る穴をふさいでしまい、乳の出が悪くなるばかりか、高熱が出る乳腺炎のもとになることもあります。

 

もちろんほんの少し食べるくらいなら問題ありませんが、ギフト箱にぎっしりお菓子が入ってたらついたくさん食べたくなってしまうはず。お菓子があるのに、食べられない・・・お祝いするはずが、逆にストレスを与えてしまうかもしれません。できればお菓子は避けましょう。

 

 

 

 

◆プレゼントに添えるメッセージ◆

 

 

プレゼントには、手紙やメッセージカード寄せ書きを添えてあげると相手に気持ちがより伝わりますね。ただ、その時もマナーとして気を付ける点がいくつかあります。

 

・苦しい、終わる、などの言葉は避ける

・育児を押し付けるような言葉は避ける

・性別に関することは避ける

・ブラックジョークは避ける

 

あの上司なら、きっとこんなことを書いても大丈夫だろうとブラックジョークを書いたら、傷つけてしまった。そんなことがないようにしましょう。産後の母親は本当にナーバスになっていて、普段なら笑いとばせることでも傷ついてしまうことがあります。

 

ハーブティーのプレゼントだけならうれしかったのに、「母乳育児、大変だけどがんばってください」の手紙。一見問題ないように思えますが、もしおっぱいの出が悪くてミルクで育てていたなら、メッセージに傷付いてしまうかもしれません。本当に、そんなことで傷つくのが産後なのです。私も経験があります。

 

ここは奇をてらわず、無難に「ご出産おめでとうございます。健やかな成長をお祈りします」というようなメッセージがいいですね。

 

 

 

 

◆お返し(お礼)はあるの?◆

 

 

出産祝いをくださった方に、お礼の品を返すことを「内祝い」といいます。大体、頂いたプレゼントの金額の3分の1程度のものをお返しします。たとえば3,000円のものを送ったら、1,000円くらいのものをお返しとして受け取ります。あまり高額なプレゼントはお返しする方も困るので、やはりプレゼントは3,000~5,000円くらいが妥当といえます。

 

 

 

【まとめ】

上司への出産祝いのプレゼントとマナーをご紹介しました。一番大切なのは、「元気に生まれてよかったね。おめでとう」という気持ちが伝わることです。こちらの記事を参考に、ぜひすてきなプレゼントを贈ってあげてください。

 

 

mamaライター H

 

 



バックナンバー